職種の紹介

職種分類

SISでは、事業を支えるために必要な職種について、それぞれ専門職としての役割と能力要件を定義し、社員一人ひとりの処遇や育成に生かしています。新卒採用においては、専門職への入口として次の5つを採用職種としています。

システムエンジニア

アプリケーションエンジニア(AE)
アプリケーションエンジニア(AE)

システム分析・設計のスキルと顧客業務の知識などを駆使して、お客様が抱える業務課題の解決や新しいビジネスモデルを実現するための様々なアプリケーションシステムやパッケージシステムの企画・設計・制作を行なう仕事です。


テクニカルエンジニア(TE)
テクニカルエンジニア(TE)

オペレーティングシステム、ミドルウェア、ネットワークシステム、ハードウェアなどのスキルを駆使して、SISおよびお客様のネットワークの設計・構築・管理、各種ハードウェア・ソフトウェアの導入を行なう仕事です。

営業職

営業職

担当顧客または担当分野の業務知識、SIS取扱商品の知識、およびこれらに関連する技術・商品・市場に関する幅広い知識を持ち、お客様へのソリューション提案や、SISが提供する商品(システムやサービス)の企画立案を行なう仕事です。

物流職

物流職

担当顧客の経営環境の正確な理解と、ロジスティクスのしくみおよびそれを実現する情報インフラに関する幅広い知識を持ち、お客様の物流業務のコンサルティングやロジスティクスセンターの運営、物流業務管理を行なう仕事です。

システム運用エンジニア(PE)

システム運用エンジニア(PE)

システム操作、障害管理、SISが提供するハードウェア・ソフトウェアなどのシステム運用管理に関する幅広い知識を持ち、システムオペレーションやユーザーサポート業務を行なう仕事です。

業務フロー

SISでは、社員一人ひとりがそれぞれのフィールドでスキルを磨きながら、相互に連携してビジネスを推進しています。ビジネス案件ごとに部門横断的なプロジェクトが編成され、各メンバーは自らの専門性を発揮すると共にお互いの機能を補完することで、お客様に新たな価値やビジネスモデルを提供しています。

業務フロー

※1: SA(System Analyst)
上級SE職のひとつで、主に顧客への提案(システムコンサルティング)を担当する。
※2: PM(Project Manager)
上級SE職のひとつで、主に開発プロジェクトの責任者として、進捗管理・品質管理などを担当する。
※3: PG(Programmer)
AEが設計した仕様にしたがい、プログラミングを担当する。主に若手社員が行なう。

2017.年度 エントリーはこちらから(マイナビにて受け付けています)