教育・福利厚生

教育

社員教育

新入社員総合研修

入社式の翌日から、新入社員総合研修が行われます。
約1ヶ月のプログラムで、主にSISの会社概要やコンピュータの基礎、SISビジネスの概要、物流の基礎などを学びます。

  • 会社概要 就業規則、各種規程、各部門の紹介
  • コンピュータ基礎 ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの基礎
  • ビジネス概要 バックボーンネットワーク、カンガルーオンラインシステム
  • 社内プロジェクト(ITSほか)、ビジネス事例紹介
  • 社外講師 IBMテクノロジー、西濃運輸概要
部門別研修

新入社員総合研修が終わると、辞令交付が行われて配属となります。
その後、配属部門ごとに専門業務に関する研修が行われ、プログラミング技法、データ通信、ハードウェア、ソフトウェアなど、主に実務に必要なスキルの習得を目指します。内容や期間は部門ごとに異なります。
さらに、日々の業務を通じて、SISの商品・サービス・技術についてより深いスキルを身に付けるOJTを行っていきます。

社内研修

社内研修は社員(外部研修の受講者や専門分野の社員など)が講師を務めたり、外部講師を招いたりして実施するものです。 講師は、スケジュール調整やテキスト作成、実習用PCのセットアップ、リハーサルなどの準備を行って研修に望みます。 社員は、社内の電子掲示板に公開されたコース一覧から、希望の研修を選びメールで受講申し込みを行います。

以下、昨年社内研修で実施された主なタイトルです。

  • プロジェクトマネジメント、チームワークとリーダーシップ、
  • iSeriesシステム管理、Solaris9ネットワーク管理、Linuxの運用と管理、国際物流基礎、
  • 経営分析基礎、マーケティングの基本など
社内研修の一例を以下にご紹介します。
講座名 Microsoft SQL Server 2000 システム管理
場所 ソフトピア事業所 MMルーム
受講対象者 Microsoft SQL Server 2000 のインストール、設定、管理、及びトラブルシューティングを行う方
研修目標 SQL Server 2000 のアーキテクチャを理解し、インストールの計画から運用までの仕組みを習得

1日目 13:00〜17:30 SQL Server の概要
SQL Server インストールの計画
データベースファイルの管理(前半)
2日目 9:00〜12:00 データベースファイルの管理(後半)
セキュリティの管理
管理タスクの自動化
13:00〜17:00 データページのバックアップ
データベースの復元
SQL Server パフォーマンスの監視
3日目 9:00〜12:00 データ転送
高可用性の維持(前半)
13:00〜17:00 高可用性の維持(後半)
レプリケーションの紹介

受講者の感想
M.Kさん:
DTSによるデータ交換が今後役立つだろう。
M.Iさん:
ジョブの管理の仕方とデータベースのインポート、エクスポート、Oracle DBとの違いがよくわかった
Y.Kさん:
業務ではまだ使っていないため難しかったが、チャートで説明していただけたのでよかった
社外研修

毎年、社会の技術動向や各部門のニーズを調査して社外研修の内容が決められるため、最新のスキルをいち早く取得できます。
言語、OS、DB、ネットワーク構築から、プロジェクト管理や対人能力開発まで、昨年一年間で約130タイトルの外部研修が受講されました。

資格取得奨励制度

以下の資格検定について、受験の案内や受験費用・交通費の負担、取得一時金の給付など資格取得のサポートを行っています。
入社前に資格を取得している場合、入社後に一時金が支払われます。

情報処理技術者 初級または上級シスアド、基本情報技術者、ソフトウェア開発技術者、
情報セキュリティアドミニストレータ、テクニカルエンジニア、
アプリケーションエンジニア、システムアナリスト、システム監査技術者、
プロジェクトマネージャー
技術者関係 工事担任者第一種または第二種、電気通信主任技術者
その他 簿記検定一級、実用英語検定一級または準一級、防火管理者、衛生管理者

また、この他にも、Microsoft, IBM, Oracle, Cisco, Sunなどベンダーの各種認定資格について、受験費用・交通費を負担する制度や、自己啓発のための通信研修修了者への奨励金支給制度により、社員のやる気 を支援する制度が設けられています。

人事制度

社員が仕事で発揮し顕在化した能力を適正に評価して、その結果を給与や育成計画へ結びつけるための人事制度を導入しています。
14種類の職種ごとに定義された能力要件にしたがって自己評定を実施し、上司との面談を通じて評定結果の合意形成をはかります。現在の能力を分析的に把握 できるため、今後の育成ポイントが明確になるほか、能力分布の傾向を社員一人ひとりのキャリアプラン策定に活用することも可能です。

それぞれの職種には、0(新入社員)から6(部長/参与)までの能力段階が設定されています。毎年行われる能力評定によって、現在どんな能力が不足しているかを把握でき、今後どの能力を伸ばせば次の段階に進めるかがわかるようになっています。
また、システムアナリスト(SA)やプロジェクトマネージャー(PM)といった上位職種への転換を検討する際、評定結果から能力分布を把握することによって、本人の適性を考慮したキャリアパスを判断することができます。

福利厚生

社会保険
健康保険・厚生年金・雇用保険・労災
退職金制度
社内預金
共済会・社員会
結婚祝 出産祝 おくやみ
休暇
結婚休暇・忌引休暇・生理休暇・転勤休暇
リフレッシュ休暇(勤続年数の節目の年に休みと慰労金)
出産・育児・介護休暇(今までに沢山の女性社員が育児休業を取得しています)
社員寮
公共交通機関を使って通勤時間が一定時間以上かかる場合、借上社宅を社員に提供しています。
社員の家賃負担 はごく一部で、ほとんどを会社が負担しています。
また、個人契約の賃貸住宅の場合は住宅手当が支給されます。
健康保険会館
定期健康診断から急患まで常に社員の健康を守り、安心して働ける環境を提供しています。テニスコートやプール、トレーニングジムなどを併設して、社員はもとより社員の家族の健康保持に役立ててもらえます。
メンタルヘルス
社員の心のケアを実現するため、専門の臨床心理士によるカウンセリングや定期的なストレス簡易診断、メンタルヘルスセミナーなどを実施しています。
保養所
心身の保養と健康増進のため、2ヶ所の直営保養所を持つほか、旅館・ホテル等と利用契約を結んでいるので、社員とその家族は、低料金で利用できます。直営保養所は、南紀白浜(和歌山県)、木曽駒高原(長野県)にあり、1泊2食4,100円で利用できます。また、契約保養所を利用した場合には健康保険組合から補助金が支給されます。