先輩社員の声

全身写真

「家造りに例えるなら、基礎づくり」

今西 敬一
システムエンジニア(テクニカルエンジニア)
1997年入社 工学部 電気情報工学科

難しい仕事ですが・・・

 お客様の要望に合ったコンピュータシステムを提供するために、どんなハードウェア(コンピュータやネットワーク機器)を使用したらよいか、どんなソフトウェア(OSやミドルウェア)を使用したらよいかを検討し、それらの機器を調達して、セットアップする仕事をしています。また、システム導入後のネットワークの運用や管理も行なっています。最近は、UNIXをOSとしたコンピュータを使用して、インターネット経由で使われるWWWサーバ、メールサーバ、データベースサーバの設計や構築を行なうプロジェクトが主流になっています。
SISでは、Windowsマシン、UNIXマシン(Solaris, AIX)、AS/400、汎用機といった、大小様々な規模のコンピュータを使用したシステムを構築しています。日本全国の拠点を結ぶネットワークも持っています。そうした設備は、私が入社してからもどんどん新しいものに入れ替わっていて、今なお発展を続けています。そんな新しいサーバーの入れ替え時のプログラムの構築や、インフラの設定などが今の仕事です。

スナップ写真1
パソコンの画面にはたくさんのアプリケーションがあがっています。

お客様とのコミュニケーション能力も必要です

 テクニカルエンジニアと聞くととっても難しいイメージがあるかも知れません。ただ、パソコンに向かってシステムを構築しているだけではなく、お客様とのやり取りも多々有り営業に同行することもしばしば。ある仕事を立ち上げる場合、お客様の要件を正しく聞き取り、既存のシステムで稼動することは可能なのか、新しい環境を導入しなければならないのかを判断します。営業部門や開発部門との連携も大切で、ひとつの部署に任せきりにするのではなく、関係者全員が常に情報を共有し作業が効率よく行えるように心がけています。システムを無事に導入し、次の仕事につなげることができるよう頑張っています。

勉強するより慣れろ!

 仕事をする上で必要なスキルは、研修や勉強会、サーバー購入先のWebサイトや書籍などから学ぶことが多いです。しかし、いくら研修を受けても実際にやってみないとわからないもの。例えばバックアップやリカバリーの仕方。机上では理解したつもりでいても、いざやってみたらうまくいかないことだってあります。テスト環境が整っているので空いている時間に実際にやってみることが大切。実際にシステムを動かして失敗したりしたことが一番の勉強だと思います。頭で考えるだけでなく「実際にやって慣れろ」です。
ちょうどいいエピソードに、入社して間もない頃、朝方3時に携帯電話が鳴りました。西濃運輸のサーバーが一部ハードウエアの故障でダウンしてしまったとのこと。会社のいろいろな部署の人に電話をして対処方法を聞いたり、お客様とのデータの確認などに走り回り、落ち着いたのは夕方のことでした。この日は休日で、楽しみにしていた同期とのバーベキューの約束がありましたが、それどころではありませんでした。しかしこの障害が自分を一回りも二回りも大きくしてくれたと思っています。
将来は今の仕事のスペシャリストとして、提案から構築作業まで全ての作業を任されるような技術者になりたいと考えています。

2017.年度 エントリーはこちらから(マイナビにて受け付けています)

スナップ写真2
技術部のたのしい仲間たちです。

スナップ写真3
うちわを片手に隣の席の後輩と打ち合わせ。