ホーム > 物流ITセミナー > 製造業向けセミナー「製造現場の業務効率アップ、次の一手」

※当セミナーの受付は終了しました。 セミナー

コスト削減

製造業に携わる皆様において、工場の生産効率と品質の向上に、日々お取り組みのことと思います。工場内の製造現場には「物流」が多く存在しており、そこには更なるコスト削減の可能性があります。本セミナーでは、基調講演に長年生産現場の物流改善に従事し、指導効果を上げておられます仙石惠一氏をお招きし、「構内物流の果たすべき役割」と「取り組むべき物流改善の糸口」についてご紹介します。収益向上にお悩みの経営者の皆様、また工場の物流を見直したい工場長、監督者の皆様は是非ご来場ください。

セミナー概要


開催日[名古屋] 3/26(木)13:30~16:30
会場[名古屋] 日本IBM名古屋事業所 6F セミナー会場
参加費 無料(事前登録制)
定員80名
主催株式会社セイノー情報サービス
協賛日本アイ・ビー・エム株式会社
お問合せ先(株)セイノー情報サービス セミナー事務局
TEL:0584-77-2327 FAX:0584-77-2312
E-mail:seminar@sis.seino.co.jp

講演内容

13:00 受付開始
13:30 ご挨拶
13:40~15:00

工場の効率を劇的に向上する!~構内物流の果たすべき役割はこれだ!~

物流担当者が陥りやすい勘違いと、その是正方策について、自らの経験をベースにお話しします。「構内物流の果たすべき役割」を3つに分類し、その取り組みステップについて分かりやすく解説いたします。当セッション内容を実践いただくことで、工場の生産効率と品質の大幅向上、さらに構内物流が生産統制を行うといった、物流業務の確立が期待できます。

Kein物流改善研究所 代表 仙石惠一氏

休憩
15:10~15:50

可視化から始まる現場改革
~製造現場とコスト(原価)を可視化するソリューション~

製造現場では日々様々な改善への取り組みがなされていますが、十分な可視化がなされていない中では十分な効果が得られません。当社はロジスティクスの専門家として、数多くの物流現場を可視化を通じて改革させてきました。弊社の物流で培った改革手法をどのように活かし、製造現場の改革を実現してきたか。そのアプローチと事例について、ご紹介します。

株式会社セイノー情報サービス

15:50~16:30

人時生産性に着目した物流改善
~処理件数を20%増加させた「FLabor」のご紹介~

物流におけるコスト削減として、作業員をうまくコントロールして、作業全体の人時生産性の向上・平準化をする手法があります。本セッションでは、作業員コントロールによる業務改善の有効性や進め方について弊社商品紹介と共にご説明します。また、人時生産性分析から得られた結果を活用し、作業人員数のコントロールを行うことで、処理件数を20%増加させた取組み事例をご紹介します。

株式会社セイノー情報サービス

ご連絡事項

  • 同業者様はお申込みをお断りさせて頂く場合があります。
  • 講演内容につきましては、一部変更になる場合があります。
  • 受付にてお名刺を頂戴いたしまして、本人確認とさせていただきます。