ホーム > 物流ITセミナー > 競争を勝ち抜くための取組みとは~収支日計の実現と現場業務のBPR~

物流セミナー

人手不足や働き方改革による労務時間管理の強化等、物流事業を取り巻く環境は依然として厳しい状況である一方、売上倍増を目標に掲げ積極的な事業展開を目論む物流企業様もございます。厳しい競争の中で、勝ち組と負け組の差が明確になってきております。 競争に勝ち抜くために、勝ち組企業様がどのような取り組みをしているのか、また今後どのような取り組みが必要なのかについてご紹介します。

セミナー概要


開催日[名古屋] 1/24(水)[大 阪] 2/22(木)
会場 [名古屋] 日本アイ・ビー・エム名古屋事業所 十六銀行ビル6F セミナー会場 [大 阪] コンファレンス大阪御堂筋 NREG御堂筋ビル セミナー会場
※大阪の会場が今までとは異なりますのでご注意ください。
参加費 無料(事前登録制)
定員各会場 60名
主催株式会社セイノー情報サービス
協力日本アイ・ビー・エム株式会社
お問合せ先(株)セイノー情報サービス セミナー事務局
TEL:0584-77-2327 FAX:0584-77-2312
E-mail:seminar@sis.seino.co.jp

申込みフォームへ

講演内容

13:30 受付開始
14:00 オープニング
14:10~15:00

「見える化」で変わる!収支日計導入のポイント

収支日計とは、車両または物流センターごとに日別の収支管理を行う管理会計で、 一日ごとにおける損益を「見える化」します。収支日計は日々のオペレーション を商品とする物流業に適した手法であり、高い生産性を実現し、収益を上げてい る物流企業の多くで活用されています。 本セミナーでは車両と物流センターにおける収支日計の運用を中心に、導入から 運営のポイントについてお伝えします。

株式会社ロジスティクス・サポート&パートナーズ 常務取締役 石橋 岳人氏

休憩
15:15~16:00

物流事業者様の業務拡大を支援する弊社ソリューションの紹介 ~収支・効率・品質の見える化~

収支日計を行うために重要となるのが、管理する情報(数値)の精度と運用負荷の見極めです。いきなり財務会計で管理するような高いレベルを目指すのではなく、自社が必要とする可視化レベルと実現するための運用負荷のバランスを取りながら進めていくことが重要です。 本セッションでは、収支日計管理を支援する弊社ソリューションの紹介とシステム構築の進め方について紹介させていただきます。

株式会社セイノー情報サービス 西日本営業部

16:00~16:40

物流事業者様の業務拡大を支援する弊社ソリューションの紹介 ~配車と物流センターのBPR~

売上拡大を加速させるためには、売上増加に対して単純に現場作業者を増やすのではなく、増加する業務量を効率的にこなすことが出来る強い現場を作る必要がございます。 本セッションでは、物流事象者様の基幹業務である『配車』と『物流センター運営』におけるBPRの考え方と実現を支援する弊社ソリューションを紹介します。

株式会社セイノー情報サービス 西日本営業部

申込みフォームへ

ご連絡事項

  • 同業者様はお申込みをお断りさせて頂く場合があります。
  • 講演内容につきましては、一部変更になる場合があります。
  • 受付にてお名刺を頂戴いたしまして、本人確認とさせていただきます。