ホーム > 物流ITセミナー > [特別協賛セミナー] 『MOBILITY NEXT 2016』Mobilityの進化は物流ビジネスをどう変革するか

日経ビジネス様、日経Automotive様主催の
「MOBILITY NEXT 2016」で
当社の工学博士 早川典雄が講演

2016年9月26日

日経ビジネス様、日経Automotive様が開催されたセミナー「MOBILITY NEXT 2016 MOBILITYの進化は物流ビジネスをどう変革するか」(特別協賛:電通)で、当社の工学博士 早川典雄が講演いたしました。

同セミナーは、小口配達の増加や人口減少・高齢化により、要員が確保しにくい物流業界において、新技術の導入による産業の未来の変革を探ることを目的に行われました。

MOBILITY NEXT 2016 当社の早川典雄は、第2部のローランド・ベルガープリンシパルの小野塚征志氏による基調講演「Mobility技術の進化によるLogistics4.0の実現」に次いで、「Mobilityの進化で物流のビジネス構造が変革する」というテーマで講演いたしました。

その中では、当社が考える「IoT物流マネジメント」について、「リアルタイム」と「リアリティ」という切り口で紹介しました。

リアルタイムが実現すると、これまで作業のチェックを最後にまとめて済ませていたところから、その都度チェックできるようになります。リアリティという観点では、これからは合格・不合格という検査ステータスだけでなく、検査の画像や映像、検査の詳細なデータなどが記録され、より正確な情報が得られるようになります。

これにより、例えば「非効率な作業を見つける」、「現場で判断できないトラブルへの対応方法を管理部門が的確に指示できる」ことができるようになります。

MOBILITY NEXT 2016

また、第2部の最後に行われたパネルディスカッション「新技術とビジネスメンタリティ ~物流からみたビジネス変革を予見する~」では、電通総研シニア・コンサルティング・マネージャーの山田修康氏、小野塚氏と共に早川典雄が登壇し、これからの物流ビジネスに不可欠と思われる、「物流産業 現場の課題と未来の可能性」などのテーマで提言いたしました。

詳細は、電通報にて紹介されていますので、こちらをご覧下さい。