ホーム > 物流ITセミナー > 物流コスト削減セミナー「値上げ時代の物流コスト削減策とは」

※当セミナーの受付は終了しました。 セミナー

物流セミナー

引き続き、物流業界の人手不足に関連した値上げ圧力は強く、受け入れざるを得ない状況になっています。コスト増を受け入れつつもいかに抑制するかが重要であり、 これまでと違った柔軟な発想や知恵が問われる時代が到来しています。 本セミナーでは、昨年に引き続き公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会様(JILS) をお招きし、最新の物流コスト削減策、取り組み方法についてご紹介いたし ます。また後半のセッションでは、毎年上位にランクされる削減策の「在庫削減」「積載率向上」にスポットを当てた弊社改善事例を紹介いたします。

セミナー概要


開催日[名古屋] 3/13(火)
[大 阪] 3/14(水)
会場 [名古屋] 日本アイ・ビー・エム名古屋事業所 十六銀行ビル6F セミナー会場
[大 阪] コンファレンスプラザ大阪御堂筋 セミナー会場
※大阪の会場がこれまでとは異なりますのでご注意ください。
参加費 無料(事前登録制)
定員各会場 60名
主催株式会社セイノー情報サービス
お問合せ先(株)セイノー情報サービス セミナー事務局
TEL:0584-77-2327 FAX:0584-77-2312
E-mail:seminar@sis.seino.co.jp

講演内容

13:30 受付開始
14:00 オープニング
14:10~15:40

ロジスティクスの今日的課題と連携による課題解決

ロジスティクス分野では物流コストの上昇やドライバー不足、また、営業用貨物自動車からのCO2排出量の増大などの課題が山積しています。これらに対しては、従来から取られてきた物流効率化策だけでは太刀打ち出来なくなりつつります。講演では、生産部門や営業部門などの自社の他部門との協働、さらには発荷主同士や発着荷主の協働など、“連携”をキーワードに、ロジスティクスの今日的課題への対応策を探ります。

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所ロジスティクス環境推進センター
センター長 北條 英 氏

休憩
15:50~16:30

PSI計画の”つながり”による在庫適正化事例のご紹介

物流・在庫情報を生産・販売などの情報とつなげることで、サプライチェーン全体が可視化されます。全体が見通せる事で、在庫の持ち方や生産・供給のタイミングを最適にコントロールする事が在庫削減に直結します。本セッションでは、P(生産)・S(販売)・I(在庫)の観点から、製造業の需給管理と物流拠点の在庫補給計画を支援した取組み事例をご紹介します。

株式会社セイノー情報サービス
西日本営業部

ご連絡事項

  • 同業者様はお申込みをお断りさせて頂く場合があります。
  • 講演内容につきましては、一部変更になる場合があります。
  • 受付にてお名刺を頂戴いたしまして、本人確認とさせていただきます。