ホーム > 物流ITセミナー > SCM再構築セミナー


セミナー

物流セミナー

 深刻な物流リソース不足のため、モノが運べなくなる「物流危機」。これまでの物流テーマといえば、どう物流コストを抑制するかが話題の中心でしたが、今後は、どうやって輸送手段を確保するかが中心となってきました。ビジネスを継続していくには、現在のような生産・販売の効率性を重視して、シワ寄せを物流で吸収するやり方から脱却し、物流の効率性を重視した取り組みに変えていかなければなりません。

 そこで重要になるのが、物流波動のコントロールによる物流リソースの最小化・効率化、及び在庫の最適化です。生産・販売・在庫(PSI)の情報をリアルタイムに可視化し、全社で未来在庫を共有することで、より物流リソースを考慮した在庫計画が可能となり、大きな効果を生み出します。

 本セミナーでは、これを実現する手法「ロジスティクスPSI]について、事例を交えながらご紹介します。

セミナー概要


開催日[大 阪] 12/10(火)
[名古屋] 12/12(木)
会場 [大 阪] コンファレンス大阪御堂筋 NREG御堂筋ビル セミナー会場
[名古屋] TKP名古屋ルーセントタワー         セミナー会場
参加費 無料(事前登録制)
定員[大 阪] 60名   [名古屋] 40名
主催株式会社セイノー情報サービス
お問合せ先(株)セイノー情報サービス セミナー事務局
TEL:0584-77-2327 FAX:0584-77-2326
E-mail:seminar@sis.seino.co.jp

申込みフォームへ

講演内容

13:30 受付開始
14:00 オープニング
14:10~14:55

迫りくる物流危機への対応 ~在庫と物流リソースの最適化~

顧客満足を満たすために分散化・複雑化してしまった現代の物流を再構築するためには、コスト・サービス・在庫を可視化し、最適化を図る活動が必要です。また、物流波動に応じて輸送手段を選択し、限りある輸送リソースを最大限活用するための情報システムの構築が不可欠です。本編では生産・販売・在庫(PSI)情報をリアルタイムに可視化し、情報共有するプラットフォーム=LMS-PSIをご紹介します。そのSCMプラットフォームを導入した企業における活用事例と効果をご説明します。

株式会社セイノー情報サービス
西日本営業部

休憩
15:05~15:45

グローバルSCMの実現に向けて ~輸出入から国内物流までを一気通貫で管理~

グローバルに生産・販売・調達活動を行う企業においては、各地に散在する情報(在庫・プロセス・コスト)をよりリアルタイムに可視化・統合管理し、早期に需給調整を図っていくことが重要となります。また、輸出入業務を代行する物流事業者においては、スケジュール・便・コンテナ予約などの各種管理や帳票作成において、煩雑な作業や手続きが必要となります。
当セッションではこれらの課題を整理しつつ、弊社ソリューション(LMS-GLOBAL)を活用したロジスティクスマネジメントや、業務の省力化、標準化、可視化を実現する為の手法をご紹介いたします。

株式会社セイノー情報サービス
西日本営業部

申込みフォームへ

ご連絡事項

  • 同業者様はお申込みをお断りさせて頂く場合があります。
  • 講演内容につきましては、一部変更になる場合があります。
  • 受付にてお名刺を頂戴いたしまして、本人確認とさせていただきます。