ホーム > 事例紹介 > 【ASPITS】ドライバーに負担をかけずお客様に満足を与える配送管理を実現


輸配送管理

効果

運用が定着

ドライバーの操作が不要になったため、実運用が無理なく定着しました。

配送状況を把握

配送完了時間や、車両の停止時間、アイドリング時間などが取得できるようになりました。これにより、ドライバーへの運転指導や配送ルートの見直しが行えるようになりました。

お客様からのお問合せが減少

配送状況が把握できるようになり、配送トラブルが発生した際には事前のご連絡ができるようになり、お問合せが減少しました。また、お客様からのお問合せに対し、正確で迅速な状況報告ができるようになりました。

  • 運用が定着
  • 配送状況を把握
  • お客様からのお問合せが減少

関連情報

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ