ホーム > 事例紹介 > 【配車システム】新事業を成功させる環境整備

配車システム

課題解決方法

配送計画を簡素化するには、全ての受注情報や車両状況、時間指定や設置作業の有無などの固有の条件が一括で見られる環境が必要です。

お客様からの問合せ対応に関しては、担当者に電話確認をしなくてもいいよう、配送進捗や在庫状況をリアルタイムに把握できる必要があります。

これらを実現するためには、システムでの管理が最適だと考えられました。

システムの選定

10社のシステムベンダーから提案があり、その結果、課題解決にフィットさせるため「配車システム」、「輸配送管理 ASPITS」、「倉庫管理 SLIMS」を組合せて総合提案した弊社を採用いただきました。

配送計画・事務作業の簡素化と効率化

配車システム

配車システム」は、配送計画を効率化します。紙の配車表から、パソコンによる配車に変わることで、空き車両や積載率、時間指定などの固有条件を視覚的に確認しながら、受注情報を車両に割り付けられます

配車システム

 

また、受注登録した情報を配車計画だけでなく、請求処理にも使えるため、後続業務での二重登録がなくなり事務作業が効率化されます。

配送状況・在庫状況を可視化

輸配送管理 ASPITS」は、ドライバーが持つスマートフォンのGPS機能を使い、無操作で車両の位置や配送状況をリアルタイムに取得します。事務所では、配送状況が照会できるだけでなく、配車システムで立てた計画と配送進捗との差異を確認できるため配送遅延が早期に発見できるようになります。これにより、お客様からクレームが出る前に連絡ができるようになります。

配車システム

倉庫管理 SLIMS」は、スマートフォンのバーコードスキャン機能を使い、入荷や出荷をシステムで管理することで、在庫状況を可視化します。

このように、配車計画、配送状況、在庫状況が一括で見られるようになり、部分最適から全体最適を狙った改善が行えるようになったところも、大きなポイントです。

「提案の段階で、課題に対する手当てが適切だった事と、システムの使い方がデモンストレーションで分かり易く見られたため、満場一致でセイノー情報サービスさんに決定しました。」(A社 社長様)