ホーム > サービス > イベント什器循環サービス

イベント什器循環サービス

導入事例

課題

  • 全国でイベントを開催され、毎回什器を一ヶ所のセンターに戻しており輸送コストがかかっていた
  • 什器を回収後、センターでセット組みして次の会場に納品するため、リードタイムがシビアで配送が複雑になり、配送計画と管理に時間がかかっていた
  • 配送遅延のクレームがあってから、慌ててリカバリー対応をしていた
  • 輸送費が月初にしか把握できないため、残予算に合わせたイベント施策が打てなかった

解決方法

  • 出荷拠点を複数に増やし、臨時デポを増設する体制に変更
  • マネジメントセンターが、距離と時間を考慮して最適な輸送を計画し進捗を管理

セイノー循環

効果

  • 全国リードタイム1日を実現し、急な要請にも対応
  • 最適な輸送を計画でき、物流コストを20%削減
  • 配送の進捗状況をリアルタイムに監視し、クレーム発生数が激減
  • 残予算が週次で可視化され、積極的にイベントへ投資

※導入事例や新しいサービスを、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ