ホーム > サービス > AI・RPA・IoTをロジスティクス分野で活用

AI・RPA・IoTを活用した ロジスティクス・マネジメント改革

セイノー情報サービスでは最新技術で事実をリアルタイムに収集・分析し、サプライチェーンロジスティクスの見える化、知識ベースによる標準化・最適化、自動化・自律化を創造しています。

SCMの目的・期待の変化、その対応にAI・IoT・RPAを活用

サプライチェーン管理の目的や期待は取り巻く環境の変化から「適正在庫」だけでなくなってきており、各企業間で必要な情報を リアルタイムで連携、可視化してコストを最小限に抑えるための判断が求められてきています。これらを実現するにはプラットフォームとなるセキュアなクラウドサービスが最適です。 これを当社ではLMSとして展開しています。

このLMSと当社のマネジメントセンターが提供する「物流技術サービス」で時代のニーズに合わせた価値を生み出し、お客様のSCMを支える支援をしています。

AI・RPA・IoTで予測行動できるロジスティクスを目指す

   サプライチェーンの変化

マネジメントセンターの特長としてAI・RPA・IoTを採用しモノの「最適な業務判断」、「業務プロセスの自動化」、「環境の把握」などに 取組んでおり、予測行動ができるサービスを展開しています。

関連ソリューション

統合物流管理LMS
グローバル統合物流管理LMS-GLOBAL

| 概要 | 事例①AIの活用 | 事例②RPAの活用 | 事例③IoTの活用 |