ホーム > サービス > 物流診断:ロジスティクスチェックサービス(LCS) > 見えていない課題を可視化 物流現場簡易診断

見えていない課題を可視化 物流現場簡易診断

物流現場簡易診断とは

このサービスは、物流センター・倉庫業務の『見えていない課題が、どこに潜んでいるか』 といった”新しい気づき”を提供する簡易診断です。

推奨倉庫規模:500坪以上

iPadを使って、YES・NOで答えられる簡単な現場チェック

ムダ・ムラ・ムリなどの潜在的な課題を発見するために、倉庫・設備・商品保管の状況や作業者の動作に対して、200項目に渡るチェックを現場で行います。

物流センター改善

物流現場簡易診断の流れ

物流センター改善

※2時間30分の現場視察を想定しておりますが、お客様のご希望により特定業務に絞り込んだ形での分析も対応可能です。

8つの改善着眼点でレベルの評価をし、課題解決にむけた仮説を提供

5S、見える化、効率化、品質向上など8つの着眼点でレベルの評価と改善の方向性を提供します。さらに各チェック項目について、課題問題解決に向けた仮説を別途報告します。
※各チェック項目の改善の報告にあたっては、現場の写真撮影も必要となる場合も御座います。

物流センター改善

お申し込みはこちらから

注意事項

  • 「サービス」の提供に関連して、弊社の提供する診断結果やデータは、弊社が信頼できるとみなした原資料から作成されたものですが、弊社はその正確性、完全性または有用性について保証するものではありません。またお客様(申込者)による「サービス」の使用結果はお客様の責任とさせていただきます。
  • お客様の情報は、弊社からのご連絡・診断表作成のために利用いたします。