ホーム > サービス > 統合物流管理 LMS


統合物流管理 LMS

統合物流管理 LMSとは

ロジスティクスとは必要なものを、必要なタイミングで必要量を供給し、その中で在庫を適正に保つことを言います。ロジスティクスをマネジメントするということは 物流コスト・サービスの最適化と在庫の最適化をするということです。 そのためにはロジスティクスの計画と実績・在庫情報の可視化が必要です。 LMSはロジスティクスマネジメントのための「物流プランニング」「物流オペレーション」の2領域を支援し、全体を俯瞰した活動ができる全体最適を実現するソリューションです。

統合物流管理

概要

LMSはロジスティクスマネジメントを実現するため、情報の「収集」・「可視化」・「共有」ができる「ロジスティクスプラットフォーム」を提供します。関係する企業間の情報をリアルタイムで連携しロジスティクスプラットフォーム上で管理することによって、サプライチェーンマネジメントの高度化を実現できます。またこのプラットフォームはBRAIS※と連携するインターフェースを持ち、ロジスティクス・デジタルトランスフォーメーションを加速できます。

統合物流管理

※BRAIS:Bigdata、Robot、AI、IoT、Sharingの総称

効果

  • 物流マネジメントの強化によりコスト削減と品質を向上します。
  • 物流の一元管理によりリスクの早期把握と先手対応できます。
  • 様々なサービスとAPI連携し市場変化への対応力を強化します。
  • 輸出入手続きの標準化で脱EXCELと効率化を実現します。

※導入事例や新しいサービスを、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ