ホーム > 事例紹介 > 【LMS】配送計画の効率化とサービスレベル向上


物流管理

課題解決方法

配送計画は、配送コストや輸送モード、物流業者や荷物の条件などから決定されます。それを最適にするにはあまりに複雑で人手では限界があるため、システム化により短時間で配送計画が立てられるようにしたいと考えられました。

コスト削減の活動には、配送実績やトラブル実績などが必要なため、一元管理するシステムによって解決しようと考えられました。

また、お客様からのお問合せに対して迅速に回答するには、配送業者のドライバーに確認する時間を省かなければなりません。それらの情報収集をシステム化することで、手間をかけずリアルタイムに把握したいと考えられました。

システムの選定

全ての課題に対する適切な対処

A社様はシステム導入に向けて、数社に声を掛け検討を開始されました。

提案を受けた中で、西濃運輸グループであるセイノー情報サービスは、物流に関する知識が深いこと、多くの導入実績があり経験が豊富なこと、全ての課題に対しての対処が適切だったことが評価されました。

物流管理

採用された統合物流管理システム LMSでは、受注から配送計画までの情報を管理します。配送計画をする際に必要な、輸送モードや配送業者などのマスタを設定しておくことで、出荷計画が簡単に立てられるようになります。さらに、全情報が一元管理できることで、改善活動などの元データとしても活用できます。

輸配送管理システム ASPITSでは、ドライバーのスマートフォンのGSP機能を使い、事務所からリアルタイムに車両の位置を確認できるようになり、お問合せに対して迅速に回答できます。

  • 受注から配送までの情報を一元管理できる「統合物流管理 LMS」は、配送計画の簡素化やコスト削減などの改善活動に活用できる
  • 輸配送管理 ASPITS」を用いて車両の状況をリアルタイムに確認できる