ホーム > 事例紹介 > 【LMS + SLIMS】マテハン連携による物流基盤の構築


SLIMS+LMS

玩具などの娯楽用品を扱われている総合商社のA社様の改善事例をご紹介します。

企業紹介

業種卸売業
業務内容娯楽用品の卸売販売
企業規模年商1,000億円以上

課題


――課題① 手作業の請求業務を自動化したい
請求業務において、点在している実績データと各種タリフや単価の照合や計算を手作業で行っていたため、多くの時間を費やしていました。さらに、近年の人手不足の影響もあり、効率的な請求業務の実現が必要でした。

――課題② 人海戦術に頼らない業務フローを構築したい
業務フローが人に依存しており、既存のマテハンに加え、新たなマテハン・ロボットとのシステムを連携させることができる物流基盤の構築が必要でした。

――課題③ 出荷形態などの顧客要望に柔軟に対応したい
量販店様向けやBtoC向けなど様々な出荷形態への対応の他、顧客別の納品仕様や要望を実現するサービスレベルの維持が課題でした。

これらの課題を解決したのが、
弊社の 統合物流管理システム LMS倉庫管理システム SLIMSです。

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ