ホーム > サービス > 統合物流管理 LMS

物流管理

統合物流管理 LMS

特徴

  1. 輸送コストの最適化
    最適な出荷計画を立案し、路線出荷、貸切輸送等の最適な選択を支援します。ルールを明確にすることで出荷計画の標準化を実現するとともに、柔軟な輸送手段の選択が可能となります。
  2. 問合せへの対応時間の短縮
    物流情報を一元管理することで、物流センター内もしくは輸配送中の状況を画面上で即座に把握することができます。進捗状況が即座に判明するため各担当者への確認作業が無くなり、顧客への問合せ回答時間が短縮されます。
  3. 輸送料や倉庫料の自動計算
    倉庫会社や運送会社との様々な契約条件に対して自動計算を行うことができます。物流事業者からの請求内容チェック作業の工数の削減を図れます。

主要な機能

  1. 物流情報の統合管理
    WMSやTMSなどの各種システムが持つ情報を一括管理することで、ロジスティクス全体の状況を即座に把握できます。
  2. 物流プランニング
    • 出荷計画:納品先の方面や在庫有無、商品特性などを考慮して出荷拠点・出荷日・輸送方法の決定を行います。
    • 在庫計画:複数拠点のWMSとの連携を行い在庫を一元管理します。在庫管理システム(SLASH)との連携により横持計画の支援が可能です。
  3. 物流進捗管理
    WMSやTMSと連携し、出荷から配送完了までの進捗管理をモニタリングが行えます。また、庫内作業・輸配送進捗状況を監視しており、作業遅延を察知した場合に警告を行います。
  4. 物流費計算・分析
    • 輸送料:複数の輸送料契約(路線タリフ、個建て、重量建てなど)を出荷拠点・輸送方法・輸送管理方法ごとに管理を行います。
    • 倉庫料:倉庫料契約(保管料、入出荷料など)を出荷拠点・商品カテゴリー・商品の何れかの単位で管理します。
    輸送料/倉庫料について、実績情報を基に計算を行い、請求書発行および請求データ作成に活用することができます。