ホーム > サービス > グローバル統合物流管理 LMS-GLOBAL  > 機能


機能

LMS-GLOBALは海外から国内の物流情報をイベント管理、ドキュメント管理、在庫管理毎に一気通貫で管理し、効率的なグローバルSCMを実現します。

    物流KPI管理 (KPIマネジメントによる経営変革)

  1. サービスレベル指標化
    誤出荷率、誤配率、事故率、納期遵守率、欠品率など、実績情報から改善活動に繋がる分析情報を提供します。サービスの適正化を支援します。
  2. 物流コスト指標化
    商品別、得意先別、営業エリア別物流コスト、共同配送時運賃按分などの物流構造を可視化し、物流コストの適正化を支援します。
  3. 作業生産性指標化
    物流センター全工程の生産性を可視化し、日々の人時生産性を改善します。最適要員数の手配、再配置により人件費を削減します。
  4. 物流プランニング(最適な計画立案支援と標準化)

  5. 輸配送計画
    最適輸送手段を自動で決定します。価格などの条件から最適な運送会社を自動決定、配車や積荷割付などの属人化から脱却し、輸送コストを削減します。
  6. モード・経路の選択
    リードタイム及び物流コストにて輸出入のモード及び経路の候補を算定し、状況に応じたシップメントの選択ができます。
  7. グローバル在庫の計画
    各工程の在庫の可視化により、海外在庫拠点での適正な在庫計画及び生産拠点への生産依頼を可能とします。
  8. 物流実績管理(在庫と物流進捗の可視化)

  9. 物流進捗管理
    WMSやTMSとの連携でSCM上のイベントをモニタリング、倉庫作業~配達完了の進捗情報を可視化します。 お客さまからのお問い合わせに迅速な回答ができます
  10. 在庫統合管理
    複数拠点の在庫リアルタイム把握 (ロット別在庫、滞留在庫の把握) 各拠点の在庫受け払い実績を可視化
  11. 業務コミュニケーション
    荷主へのレポートと照会画面を提供します。 拠点間の問合せが減少、作業依頼の共有により生産性を向上します。
  12. イベントの可視化
    輸出入の各工程の予実が可視化でき、予定の見直しをすることで、工程の遅延を抑制できます。
  13. 物流費管理(物流コスト可視化による物流最適化)

  14. 在庫の可視化
    発注した商品の各工程(仕出地船積み前、国際輸送途上、仕向地到着、仕向地通関済など)の在庫が確認できます。
  15. コストの可視化
    各工程で発生した物流コストを登録することで、B/L、インボイス及びPO単位で物流コストの按分ができ、それぞれの輸出入収支が確認できます。
  16. 輸出入標準業務

  17. 輸出入手続き・ドキュメント管理
    インボイス、パッキングリスト、原産地証明書の発行とフォワーダーや通関業者が発行する書類をPDFで共有、一元管理ができます。
  18. スケジュール・ブッキングの管理
    フォワーダーより割り当てされるシッピングスケジュールとコンテナ数を管理し、事前に割り当て可能スケジュールを確認できます。