ホーム > サービス > グローバル統合物流管理 LMS-GLOBAL


グローバル統合物流管理 LMS-GLOBAL

活用例

在庫統合管理

    活用前
  • 海外仕入先へ発注を行ったが、在庫の状況が見えず、次の発注の計画が困難
  • 全体の在庫量が不明なまま国内在庫量で発注を計画するため安全在庫を考慮し、在庫過剰になる
    活用後
  • 物流工程毎の発注残数(=予定在庫)がわかる
  • いつ国内の在庫になるかの見通しが立ち、発注計画の立案が容易になる

統合物流管理

物流進捗管理

    活用前
  • 輸入側販社からの出港日や陸揚げ日の問い合わせに出港予定日、到着予定日で回答
  • 問合せを受けてから通関業者やフォワーダに確認しているため回答に時間がかかる
    活用後
  • すべての船積みにおいて、どの商品が「いつ、どこに、いくつ届く」がわかる
  • 問合せ、確認及び回答工数の削減

統合物流管理


※導入事例や新しいサービスを、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ