ホーム > サービス > 在庫・物流リソースの最適化 LMS-PSI


LMS-PSI

点在する在庫の統合と未来在庫の可視化による最適化

LMS-PSIとは

PSI情報(Production:生産、Sales:販売計画、Inventory:在庫)のリアルタイムな統合管理により、未来在庫を全部門で共有し、最適かつ迅速な計画や変更、納期調整で在庫を最適化します。更に、物流リソースの最小化で物流コストを最適化します。

従来のPSIの課題

  • 拠点毎の生販在庫計画のため、上流・下流工程がつながらない
  • 下流工程の計画が見えず、過剰な需要計画で余剰在庫が発生する
  • 拠点間の輸送計画と生産計画の繋がりが無く、効率的な輸送が計画できない

ロジスティクスPSIとは

  • 流通上でリアルタイムに可視化した生販在庫の情報を基に、精度の高い生産計画
  • ホワイトボード上で展開される未来在庫に対し、物流拠点と輸送のキャパを考慮した在庫とリソースのコントロールを実現
  • 企業間ロジスティクスPSI情報の連鎖によりサプライチェーン全体を可視化し、需要の変化に迅速に対応できるプラットフォームを実現

未来在庫のホワイトボード機能

拠点ごとのPSIのつながりをリアルタイムに可視化し、未来在庫を全部門で共有することで、コミュニケーションが活性化され、計画変更や納期調整を迅速に対応できます

①受注に応じて出荷依頼
②出荷により安全在庫を下回るためマザーセンターに出荷依頼
③出荷依頼に対して在庫が不足するため製造依頼
④製造のための半製品が不足するため発注

※導入事例や新しいサービスを、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ