ホーム > サービス > MMCS(マルチメディアコンテンツサービス)

このページを見た方はこちらも見ています
ロジスティクスITサービス
倉庫業務を効率化 SLIMS
音声物流 Vocollect Voice
食品業向け倉庫管理 SLOTS
検品精度を飛躍的に向上 検品Pro
最適な在庫量を維持 SLASH
配車計画を効率化 ASSORT
輸配送品質を向上 ASPITS
物流を全体最適 LMS
生産計画・実績管理 SPENCER
流通BMSに対応 EDI
BIツール QlikView
ソフトウェア受託開発
コンサルティングサービス
ロジスティクスプロフェッショナル
ロジスティクスアドバイザリー
ロジスティクスチェック
物流技術サービス
3PL(物流アウトソーシング)
作業員管理 FLabor
煩雑な回収業務を代行 回収物流
PC・サーバー キッティング
LCM(ライフサイクルマネジメント)
コールセンター
ITインフラサービス
障害・災害対策 MIMIX・DoubleTake
ネットワーク・トータルサポート
運用監視ツール i-watcher Operation
IBM i 障害検知ツール i-watcher
データセンターアウトソーシング
クラウドバックアップ
その他のサービス
CRM/SFA SugarCRM
コンテンツ管理 HeartCore
マルチチャネル・アクセラレータ
3Dプリンター ProJet3500
マルチメディアコンテンツサービス

MMCS
(マルチメディアコンテンツサービス)

活用例

輸配送では

モバイルで受領サインを受け取り、同時に位置情報と日時を自動で記録します。モバイルのカメラも活用すれば

マルチメディアコンテンツサービス ・荷主からの受領印の確認に対して迅速に回答できます。
・配送の受渡し後、受領サインを取り忘れて移動した際に、警告でお知らせします。
・荷物の破損状況を画像で共有することで、対応方法を即座に協議できます。
マルチメディアコンテンツサービス
マルチメディアコンテンツサービス ・受領サイン取得率や配達予定遵守率を元にドライバーを指導し、業務品質を向上できます。

倉庫では

梱包状況を録画し出荷情報と連携すれば、ピッキング作業記録と位置情報が連携すれば

マルチメディアコンテンツサービス ・ミスが発生した際に、作業状況を確認できます。何が原因であるかを特定し易く、再発防止に繋がります。
・ピッキング指示とロケーション情報、位置情報から、非効率な動線を洗い出し、改善できます。
マルチメディアコンテンツサービス
マルチメディアコンテンツサービス ・ミスが発生し易い作業が視覚的に把握でき、効果的な注意喚起ができます。

製造現場では

製造過程の様々なセンサー情報、検査情報、作業の動画などを合わせて保管し分析すれば

マルチメディアコンテンツサービス ・トラブルが発生した際に情報を複合して分析することで、これまで気づかなかった原因が見えてきます。 マルチメディアコンテンツサービス
マルチメディアコンテンツサービス ・ビッグデータの傾向を分析することで、大きな視点に立った改善に取り組めます。

災害対応では

ドライバーが業務中に出会う災害状況を撮影し、位置情報と共に他のドライバーや事務所に配信すれば

マルチメディアコンテンツサービス ・言葉で伝わりにくい状況がわかるため、判断ミスが減ります。 マルチメディアコンテンツサービス
マルチメディアコンテンツサービス ・問題を一元管理でき、影響範囲の特定や最善の対処法を迅速に検討できます。

これらは活用方法の一例です。詳細な情報を知りたい方はお問合せ下さい。