ホーム > サービス > 在庫適正化 SLASH(スラッシュ)

在庫削減

在庫適正化
SLASH(スラッシュ)

特徴

  1. 在庫管理に適したトレンド分析(RFM分析)
    需要量の大小によりランク分けを行うABC分析では、需要の傾向を掴むことは困難です。繰返性を捉えた管理を行うことで、需要傾向を勘案した在庫管理を行うことができます。
  2. 在庫基準(発注点)の可視化
    多くの企業では、発注担当者の長年の経験や勘、度胸によって発注業務が行われており、特定の担当者に依存した業務実態があります。このような場合、在庫基準が不明確であり、体系的な業務プロセスとなっていません。  在庫基準を可視化することで、体系的で持続可能な在庫マネジメントを確立する必要があります。

主要な機能

  1. [Plan] 需要トレンド分析(RFM分析)
    在庫管理・在庫削減需要動向(需要量と需要の繰返性)から、4つのグループに分類分けを行います。グループに応じた在庫管理戦略を立案することができます。
  2. [Do] 発注勧告リストによる適正な発注
    在庫管理・在庫削減
    • 最適発注点算出:需要動向に基づきリードタイム期間中の期待需要量および安全在庫量を算出し、発注点を算出します。7種類の確立分布を用いた安全在庫量の算出により、精度の高い発注点を算出します。
    • 発注勧告リスト(発注勧告情報)出力:発注が必要な品目・近い将来発注が必要となる品目を仕入先やカテゴリ別など管理されている単位で出力できます。発注対象品目が一目でわかるため、誰もが発注業務を行うことができます。

  3. [Check] 在庫推移と需要トレンドの変化をチェック
    在庫量がイメージ通り推移しているか、需要トレンドに変化がないかを確認。軌道修正をするために使用します。
  4. [Action] 在庫シミュレーション
    発注条件(リードタイム/ロット情報など)を変更した場合に在庫量がどのように推移するかをシミュレーションすることができます。シミュレーション結果をもとに発注条件変更の基礎情報とすることができます。