ホーム > サービス > 倉庫管理 CLOUD SLIMS > 拡張性


拡張性

CLOUD SLIMS(クラウド・スリムス)は、他のクラウドサービスと連携することで、他社サービスにはない様々な付加価値が得られます。

倉庫管理(WMS)

  • KPI分析機能
    CLOUD LMS(物流統合管理システムとの連携で、倉庫内作業実績の多角的な評価分析が可能になり、管理部門が運営視点でコスト、生産性、在庫などの現状把握や改善後シミュレーションが実施できます。また、LMSは複数倉庫、複数WMSと連携するため、全社レベルの物流のKPIを管理でき、高い視点による物流改善活動を促進します。
  • 発注支援機能
    CLOUD SLASH(在庫適正化支援システムとの連携で、発注点を自動で取得します。日々の現場作業である発注業務の効率化はもとより、発注業務の標準化、在庫適正化を実現します。
  • 作業生産性分析機能
    CLOUD FLabor(人時生産性管理システムとの連携で、物流センターの効率的な運営に重要な、倉庫内作業者毎の業務別の作業実績を捉え、個人毎の生産性の分析や非効率な業務の発見を通じて、倉庫内業務の改善活動を促進します。
  • レポーティング機能
    レポーティング機能との連携で、自社で簡単に改善箇所を分析でき、改善活動を促進します。ご要望により、クラウド物流技術サービス(物流コンサルティング)の活用で、専門家の目による改善ポイントの指南が可能です。自社スタッフの目線に寄らない客観的な物流改善活動は、より効果的な物流の変革をもたらし、運営視点での全社的な改善ができます。