ホーム > 事例紹介 > 【SLOTS】食品企業としての信頼性を高める物流センター管理システムを構築

【SLOTS】食品企業としての信頼性を高める物流センター管理システムを構築

ロットトレーサビリティ管理と鮮度管理強化でより信頼ある食品メーカーへの支援!

  • ロットトレーサビリティの確立
  • 鮮度管理/期限管理の確立

お客様情報

業種 一般食品・酒類・農水産物加工品冷凍食品・チルド食品等の卸売業、惣菜・米飯の製造販売
売上高 約450億円
センター所在地 岡山県

お客様の抱える課題と提案

課題1. 食品卸売業の責任として、ロットトレースを確立したい

賞味期限管理より細かいロット管理を実現したい。しかしながら、卸売業としては製造ロットの管理は困難である。

提案1. 入庫No.によるロット管理

"商品+入荷日+賞味期限"を物流管理上のロットとした"入庫No"によるロット管理。

課題2. 戦略的に賞味期限を管理したい

自社が管理する在庫及び顧客への納入において、鮮度を意識した期限管理を実現したい。

提案2. 鮮度管理の強化

入荷期限管理
⇒入荷を許容する入荷期限を設定し、無線HTを利用した、入荷検品でチェック。
出荷期限管理
⇒出荷を許容する出荷期限を設定し、出荷期限内の在庫を引当する。
⇒出荷期限が迫った商品の在庫状況を監視。
賞味期限逆転入荷防止
⇒無線HTを利用した入荷検品で、前回入荷分より、古い賞味期限の入荷をチェック。
賞味期限逆転出荷防止
⇒届け先別に前回出荷した賞味期限を管理。指定のある届け先に対して、前回より同等か新しい在庫を引当し、ピッキングの指示をする。
同一賞味期限指定
⇒指定のある届け先に対して、同一賞味期限の在庫を引当し、ピッキングの指示をする。

導入効果

ロットトレーサビリィティの確立による信頼性の向上

届け先に送付されている商品、賞味期限、数量はもとより、入荷日のレベルまで容易に把握可能となった。

鮮度管理の強化

入荷期限管理、期限別在庫の可視化により、自社在庫に対して、鮮度を意識した在庫管理が可能となった。
出荷期限管理、賞味期限逆転出荷防止、同一賞味期限指定への対応により、顧客に対して、納入鮮度を意識したサービスの提供が可能となった。

業務の標準化

専門知識や経験が無いスタッフでも容易に庫内作業を任せることが可能となった。

ソリューション紹介

食品業向け倉庫管理システム SLOTS

トレーサビリティの確立と、鮮度管理の向上をコンセプトに開発された物流センター業務の信頼性・効率を向上する物流システムです。

> 食品業向け倉庫管理システム SLOTS の詳細へ

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ