ホーム > サービス > スマートデバイスを各種サービスに展開

スマートデバイスを各種サービスに展開

スマートデバイス

TMS(輸配送管理システム)WMS(倉庫管理システム)が「スマートデバイス(スマートフォン、タブレット)」に対応!

スマートデバイスの登場により、「いつでも、どこでも、大容量の情報を、誰もが、手軽に」見られるようになりました。

セイノー情報サービスは各種サービスのスマートデバイス対応に向け専門チームを立ち上げ、みなさまのビジネスシーンがより快適になるような仕組みを開発しています。

スマートデバイスの活用例をご紹介します。ご質問・ご要望がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

TMS(輸配送管理システム)にスマートデバイスを活用

ドライバーが持つ、紙の配送予定表をスマートデバイスに置き換えます。配送先の情報を詳細に確認できるようになり、配送先ごとの注意事項のほか、地図や建物外観が写真で確認でき、「道に迷って時間に遅れる」などのトラブルを減らします。

ナビ代わりにスマートデバイスを使う事もでき、大画面ならタブレットを、持ち運びを取るならスマートフォンを、要望によって使い分ける事が出来ます。

配送管理

  • ドライバーをサポートする細やかな情報提供
  • 配送品質の向上によるお客様満足度の向上

WMS(倉庫管理システム)にスマートデバイスを活用

庫内業務での利用

出荷時のピッキング作業を紙からスマートデバイスに置き換えます。
ペーパーレスのほか、必要に応じて情報提供できるようになり、例えば、間違い易いセット組商品が写真で確認することで、ミスを減らします。

倉庫管理

  • ピッキングリストのペーパーレス化によるコスト削減、環境貢献
  • ピッキングミスの抑制

外出先からの利用

外出中にお客様から急な発注依頼や配送状況のお電話に対し、スマートデバイスで倉庫の在庫数や配送状況をリアルタイムに照会できるため、お客様にその場で回答できます。

倉庫管理

  • 在庫数や配送状況のリアルタイム照会
  • 大画面のため詳細情報まで閲覧可能

その他のスマートデバイス活用例

輸配送業務ドライバーがスマートデバイスで配達完了を登録することで、配送進捗を事務所でリアルタイムに把握できます
配送情報から運転日報を自動で作成します
マップ上に配送先や駐車位置を表示することで目的地への到着を支援します
配送完了時の受領印をスマートデバイスにて受け付けることで、後日の確認・検索が容易になります
温度管理と連携し、温度異常が発生したらドライバーと事務所へ警告します
急ブレーキや急発進、急ハンドルを検地すると、警告を出し安全運転を促進します
倉庫業務入荷業務をタブレットとバーコードリーダーを使う事でペーパーレス化を実現します
LAN環境がない倉庫でも、スマートデバイスで入出荷業務ができます
受発注業務店舗で実在庫を確認しながら、スマートデバイスにて発注できます

この他、様々なサービスへの展開を検討しています。お気軽にご相談下さい。