ホーム > サービス > ソフトウェア受託開発

ソフトウェア受託開発

ソフトウェア受託開発とは

セイノー情報サービスは、西濃運輸株式会社電算課より発足し、西濃運輸におけるシステム構築や運用・システム監視を長年にわたり行なっています。

西濃運輸株式会社のシステム構築で培った知識・経験を元に、倉庫管理システムや輸配送管理システムなど、物流に関するITシステムをメインで開発しています。また、WEBサイト構築にも積極的に取り組んでおり、高評価をいただいております。

| ソフト開発とは | 実績 | ページの先頭へ |

特徴

  1. ISO9001品質マネジメントシステム QMS を取得
    システム開発工程を細部にわたるまで管理する姿勢が認められ、QMS(Quality Management System)を取得しました。品質管理体制が客観的に証明され、お客様により安心して当社の製品やサービスをご利用いただけると思います。
  2. 様々な開発環境に対応
    現在主流とされるソフトウェア開発のほとんどに対応し、お客様の様々なご要望にお応えいたします。
    • OS:Windows、WindowsCE、UNIX、Linux、IBM i、等
    • DB:DB2、SQL Server、ORACLE、PostgreSQL、Access、等
    • 開発言語:C、java、C#、VB.NET、PL/SQL、COBOL、RPG等

| ソフト開発とは | 特徴 | ページの先頭へ |

実績

案件web倉庫管理システム
仕様・HTを活用した庫内作業と在庫の統合管理
・クラウドサービスとしての実績もあり
・HTは、無線方式・バッチ方式のいずれにも対応
開発環境Windows+DB2+java、UNIX+DB2+java
案件輸配送管理システム
仕様・車載機器から位置情報を利用した、車両管理・配送進捗の予実管理
・WEBシステム、クライアントサーバ型システム双方での開発実績あり
開発環境Windows+SQL Server+VB、UNIX+PostgreSQL+java
案件EDI統合管理システム
仕様・社内基幹システムからお取引先へまでのデータ交換を統合的に管理
・クライアントサーバ型システム
開発環境サーバ:UNIX+C,PL/SQL+ORACLE
クライアント:Windows+VB

トピックス