ホーム > サービス > 生産実績管理 SPENCER(スペンサー)

生産管理

生産実績管理
SPENCER(スペンサー)

SPENCERは出光興産株式会社様をはじめ、大手から中小のお客様にご利用頂いています。

生産実績管理 SPENCER(スペンサー)とは

調達から生産、物流に至る全ての計画や実行を一括管理する生産管理ソリューション

SPENCERは、製造業に必須の生産計画機能、生産実績管理機能を網羅しており、生産に関わる全ての情報を管理できます。生産計画システムを利用している企業、生産実績管理システムを利用している企業は、生産計画機能・生産実績管理機能をコンポーネント単位でご利用できます。

生産管理

生産計画システム

生産管理

生産計画システムは、将来の需要を元に在庫量を算出し、生産計画を立案します。さらに生産計画から、いつ、どの品目を、どれだけ調達しなければならないかを自動計算します。在庫が不足するタイミングを自動計算するため、物流拠点間での在庫移動も容易に計画できます。

また、エクセルと同じような操作感で使えるところもポイントです。

製造工程が複雑で、前工程や後工程を考慮しながら生産計画を立てるのが困難だという場合は、生産計画APSエンジン(ADAPを追加し計画作業を自動化できます。特に部品組立などを行う、ディスクリート系の製造業にマッチします。

生産実績管理システム

生産実績管理システムは、生産現場の在庫管理やピッキングなどの作業品質を向上します。作業にハンディターミナルを取り入れることで、投入ミスなどを抑制します。

ハンディターミナルによりリアルタイムな在庫量も把握できるため、正確な生産計画にも役立ちます。さらに、各工程の原材料の使用量や作業員の稼動時間、設備の稼動実績が取得できるため、正確な製造原価も算出できます。

『生産工程』は『物流工程』の連続

秤量、加工、組立て、充填など、それぞれの生産工程の前後には必ず、ピッキング、検品、投入、搬送、保管などの物流工程があります。

生産管理

この物流工程の管理が、生産工程全体を効率化(省人・省力化、標準化、在庫適正化)します。

従来の生産管理システムは、物流の視点が不足しているため十分な効率化が望めません。これに対し、物流視点で生産工程を管理するサービスがSPENCERです。