ホーム > サービス > 生産管理 SPENCER(スペンサー) > 概要


生産管理 SPENCER(スペンサー)

SPENCERは出光興産株式会社様をはじめ、大手から中小のお客様にご利用頂いています。

生産管理 SPENCER(スペンサー)とは

長年培った物流ノウハウと在庫管理を起点とし、サプライチェーン全体を可視化する生産管理パッケージです。

CLOUD SPENCER(クラウド・スペンサー)はセイノー情報サービスの強みである物流改善コンサルティングの経験と多くのお客様への導入実績に基づく、豊富なノウハウが活かされています。

調達から生産、物流に至る全ての計画や実行を一括管理

SPENCERは、製造業に必須の計画管理、実績管理、原価管理の機能を網羅しており、生産に関わる全ての情報を管理できます。既に他の生産管理システムを利用している企業は、必要に応じてSPENCERの計画管理・実績管理の機能をコンポーネント単位で利用できます。

生産管理

3つの管理機能

生産管理

計画管理

計画管理は、需要情報を元に在庫推移を計算し、将来的な在庫の過不足を明らかにします。業務担当者は、在庫推移や警告情報を参考に生産の計画ができます。 さらに計画管理から、いつ、どの品目を、どれだけ調達しなければならないかを自動計算します。需要情報や各種計画を一元管理でき、品目ごとの在庫推移が明確になるため、需要のタイミングに合わせて計画できます。適切な計画で、在庫削減の効果が生まれます。

実績管理

実績管理は、工場内の在庫の移動作業や在庫管理を支援し、管理精度を向上させます。作業にハンディターミナルを取り入れることで、現場での投入ミスの抑制や、リアルタイムな記録ができます。また実績入力で在庫量を把握し、計画管理をはじめとした各計画業務にも利用できます。さらに、各工程の原材料の使用量や作業員の稼動時間、設備の稼動実績が取得できるため、製造実績の原価も算出します。

ポイント:『生産工程』は『物流工程』の連続

生産指示、計量、加工、組立、包装など、それぞれの生産工程の前後には必ず、ピッキング、検品、投入、搬送、保管などの物流工程があります。

生産管理 この物流工程の適切な管理が、生産工程全体を効率化(省人・省力化、標準化、在庫適正化)します。従来の生産管理システムは、物流の視点が不足しているため十分な効率化が望めません。これに対し、物流視点で生産工程を管理するサービスがSPENCERです。

原価管理

原価管理は実績管理で収集した実績をもとに、実際原価を計算します。SPENCERでは工程別に全ての実績情報を一元管理できるため、情報収集の作業時間を短縮できます。 工程ごとの作業実績に基づいて、工程別・ロット別の原価を計算します。間接費の配賦計算は、科目ごとに設定粒度や計算方法を変更できるため、各企業の原価計算方式にあった方法で算出します。

※導入事例や新しいサービスを、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ