ホーム > サービス > 生産管理 SPENCER(スペンサー) > 機能


機能

機能一覧

SPENCER機能

計画管理

機能概要
1
受注管理/需要計画顧客からの受注情報、内示、需要予測情報を登録、管理します。
2
補充計画(移送計画)未来の在庫推移を参考に、「いつどこに何をどれだけ」移送(補充)するか複数拠点間での在庫の移動を計画します。
3
生産計画未来の在庫推移や、予め設定した安全在庫値で「いつ何がどれだけ」必要か、アラートに基づき、小日程計画を立案します。また、生産計画表を出力します。
4
作業負荷計画各設備の生産能力や必要人員を確認し、生産計画の山崩しを行ないます。
5
所要量計算生産計画を展開し、「いつ何(原料・資材)がどれだけ」必要かを計算します。
6
調達計画未来の在庫推移や、予め設定した安全在庫値による「いつ何(原料・資材)がどれだけ」必要か、アラートや、アイテムごとの発注ロットに基づき、調達計画を立案します。
7
発注管理立案した調達計画をもとに、発注や納期を管理します。また、注文書を出力します。

実績管理

機能概要
8
入荷管理入荷予定を管理し、消込処理をします。また、入荷予定リストやアイテムラベルを出力したり、入荷実績(数量、賞味期限、ロット、仕入先製造日など)を登録、管理します。
9
原材料・中間品在庫管理原材料・中間品の在庫データの管理、照会します。入荷日、ロット、賞味期限、ロケーション、検査状況などの管理項目があります。
10
製造出庫指示製造作業に必要な原料・資材・中間品に対し、倉庫からの出庫指示をします。作業者は出庫指示書に基づいて作業します(ハンディーターミナルで作業のチェックができます)
11
製造・生産指示生産現場向けに製造指示書やアイテムラベルを出力します。必要に応じて製造指示内容を変更します。
12
計量作業中、または作業の事前準備として在庫を計量し、小分けします。計量した在庫はアイテムラベルを新たに発行します。
13
使用高入力実際の作業に使用した原料・資材・中間品の使用実績を管理します。作業の際に発生したロス量も登録できます。ハンディーターミナルを使用することで、誤投入を防止できます。
14
出来高入力実際に製造した生産実績を管理します。ハンディーターミナルを使用することで、現場でリアルタイムに出来高入力を行なえます。
15
品質判定管理検査対象として設定された製造品を良/不良などの検査ステータスで管理します。出荷不可のステータスを登録でき、誤った出荷を防止します。
16
作業時間入力製造作業に掛かった時間を、作業全体や作業者ごとで登録、管理します。
17
作業実績管理登録した各実績(入荷、使用、生産、出荷など)を一括管理します。
18
出荷管理(原材料・中間品)出荷予定をもとに在庫を引当てます。ハンディーターミナルを使用した出荷検品で、誤出荷を防止します(他拠点への移動に用います)
19
出荷管理(製品)出荷予定をもとに在庫を引当てます。ハンディーターミナルを使用した出荷検品で、誤出荷を防止します(物流センターへの出荷に用います)
20
製品在庫管理製品の在庫データの管理、照会ができます。製造日、ロット、賞味期限、ロケーション、検査状況などの管理項目があります。
21
追跡管理(TB/TF)使用原料や製造ロット、出荷先などさまざまな視点、任意の条件からトレースフォワード、トレースバックができます。

計画・実績管理 共通

機能概要
22
マスタ管理(BOM等)品目マスタや作業マスタ(BOM)、仕入先マスタ、出荷先マスタなど各種マスタを管理します。 作業マスタ(BOM)では、構成表のほか、歩留や製造ロット、作業時間などを登録できます。

原価管理

機能概要
23
原価計算予め設定された原価計算基準に基づいて、製品、ロット別の個別原価を計算します(実際原価)
24
原価管理計算された実際原価と標準原価の比較や、指定期間内の平均原価などが参照できます。原価の構成を製品から原料・資材まで一括で確認できます。