ホーム > 事例紹介 > 【SPENCER】製造原価ダウンによる利益率アップ


生産管理

企業紹介

調味料を中心として取り扱っている食品メーカーのA社様。業務用から家庭用まで様々な商品を豊富に取り揃えています。

課題

製造原価を下げて利益を上げたい

製造工程に潜むムダは、コスト増に直結します。ムダを特定するためには、製造に関わる全情報を取得しなければなりませんが、できていない状況でした。企業存続を考えれば、早期の改善活動が不可欠でした。

また、食品製造業にとって重要とされるトレーサビリティの強化にも取り組みたいと考えられていました。

  • 正確な製造原価を把握したい
  • 食品トラブルの際に迅速に対応できるよう、トレーサビリティを確立したい

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ