ホーム > 事例紹介 > 【SPENCER】製造原価ダウンによる利益率アップ


生産管理

効果

利益率アップ

製造拠点ごと、商品ごとに製造原価が分かるようになり、効率の悪い拠点や商品などに対し対処できるようになりました。結果として製造コストを抑えられ、利益率がアップしました。

トレーサビリティ強化

社内のトレースにかかる時間の目標として出荷先の特定は30分、入荷元の特定は2時間としていましたが、その数値を大幅に上回り、出荷先特定は5分、入荷元特定は30分(原因分析除く)を達成できました。

全情報の可視化による業務改善の促進

生産に関する全情報が把握できるようになり、業務改善の活動指針になりました。それによって、在庫削減の活動も進み20%削減できました。

  • 利益率アップ
  • トレーサビリティ強化で、トレースフォワードは5分、バックは30分で可能
  • 全情報の可視化による業務改善の促進

関連情報

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ