ホーム > 事例紹介 > 【SPENCER】在庫管理レベルの向上による在庫ロスの削減


生産管理

老舗菓子メーカーであるA社様における、製造現場の改善事例をご紹介します。

企業紹介

業種製造業
業務内容和菓子・洋菓子の製造販売
企業規模年商200億円
従業員千名以上
拠点数販売拠点 約50店舗
生産工場 3拠点

課題


――課題① システム上の在庫と実在庫が合わない

 A社様では、入庫~出庫までの現場作業を紙の指示書に基づいて行われており、作業実績や原材料の使用量などをシステムへ入力する業務もすべて手作業で行われていました。そのため、繁忙期は入力作業が追いつかず、在庫情報と実在庫の乖離が発生していました。
 作業負担を軽減し、かつ精度の高い生産計画を実現するためには、正確な在庫情報を管理する必要がありました。

――課題② 生産計画業務の属人化

 生産計画業務では、各担当者が複数のExcelを見ながら、これまでの経験に基づいて計画を立案されていました。そのため、情報の確認や加工に多くの時間や手間が費やされていました。このように、担当者のスキルに大きく依存した業務であるため、商品毎の需要見込みに沿った細やかな生産計画の立案が困難でした。

――課題③ 実際原価が分からない

 原価管理については、当初は標準原価と標準単価を利用して原価計算を行っていました。正確な原価を算出したくても、製造指示に対する使用原材料のロットや実作工数が把握できていなかったのです。
 業務改善や企業利益の向上のためにも、正しい原価管理が必要でした。

これらの課題を解決したのが、当社の生産管理システム SPENCERです。

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ