ホーム > 事例紹介 > 【SPENCER】製造原価ダウンによる利益率アップ


生産管理

導入効果


――在庫管理レベルの向上

  • 原材料・資材の在庫の可視化により、誤発注がゼロ
  • 棚卸差異の確認を現場で適宜できるようになり、精度が向上

――生産計画精度の向上により作業の効率化

  • 実績がリアルタイムに捉えられるようになり、計画精度が向上
  • 作業の段取りがしやすくなり、業務の手戻りが削減
  • 生産計画業務の重要性が認識され、生産管理室の地位が向上

――原価管理の実現

  • 各工程の実績管理ができることで、実際原価が把握可能

――製造作業の効率化

  • 製造作業にかかる費用が、年間約400万円 削減

お客様に喜んでいただいたこと

  • 弊社がお客様の業務を十分に理解することで、プロジェクトを円滑に進めることができたこと
  • 要件定義などの各工程で、システムエンジニアの対応がとても良かったこと
  • 生産管理システム SPENCERのデモンストレーションを実施したことで、システム活用のイメージができ、システムの使用感も「業務のイメージがしやすかった」「シンプルでわかりやすい」と言っていただいたこと
  • 弊社がセイノーグループであることも、信頼性が高いと評価

 生産管理システム「SPENCER(スペンサー)