ホーム > サービス > 生産実績管理 SPENCER(スペンサー)

生産管理

生産実績管理
SPENCER(スペンサー)

課題と解決方法と効果

生産管理 原材料の在庫過多が常時発生している
生産管理 営業部門の販売予定数、生産部門の生産予定数、調達部門の調達予定数の情報連携ができておらず、ブルウィップ効果により必要量を超えて在庫を持っているため、各部門の数値を可視化し共有することで、需要に対する調達・生産量のブレを抑えます。
生産管理 販売予定数を全部門で共有することで最小の在庫量となり、在庫回転率の向上や廃棄在庫が減少できました。

生産管理 在庫はエクセルで管理しており、現場からの伝票や日報に基づき翌日処理を行っているため、システム在庫と実在庫が合わず、現場に行かないと在庫数が分からない
生産管理 SPENCERは、在庫量の変化がリアルタイムに反映されます。
生産管理 システム在庫と実在庫が一致し、事務所から作業をコントロールできるようになりました。また、リアルタイムな在庫量の把握により、生産計画の見直しがタイムリーに行えるようになりました。

生産管理 得意先より、トレース情報の迅速な提供を求められていたが、台帳で管理しているため特定するのに時間がかかる
生産管理 SPENCERが持つ情報を検索するだけで在庫の所在が確認できます。
生産管理 回答に必要となる情報がシステム上で一元管理されているため、情報収集に必要となる時間が短縮されました。

生産管理 実際の原価を把握できず、商品の改廃や単価の見直しができない
生産管理 SPENCERは、原価計算に必要な情報を全て取得します。
生産管理 原材料の使用量や作業員の稼働時間、設備の稼動時間が取得できるので正確な製造原価が算出でき、経営判断に必要な情報が整いました。