ホーム > サービス > 生産実績管理 SPENCER(スペンサー)

生産管理

生産実績管理
SPENCER(スペンサー)

特徴

  1. 生産計画システムと実績管理システムをコンポーネント単位で利用可能
    一般的に統合型生産管理システムは、計画・実績管理で一つのパッケージとなっています。SPENCERはこの二つの機能を分離できるため、生産計画だけ、実績管理だけを利用できます。
  2. 完全なトレーサビリティの実現
    入荷した原材料がどの製品にどれだけ使われ、どこにどれだけ残っているかを可視化し、消費量と在庫量による全量チェックを行うことで漏れのないトレーサビリティが実現できます。
  3. 拠点展開が容易
    WEBアプリケーションの採用により、複数工場や協力工場へ容易に展開できます。
  4. PSLX対応
    国際標準規格PSLXに対応しており、別の生産管理システムとスムーズに連携できます。

主要な機能

  1. 脱エクセルで最適な生産計画
    生産管理生産計画は、在庫や負荷状況など様々な要因を考慮して立てる必要があります。従来は別々のエクセルで管理されていたため、とても負荷が高い作業でした。SPENCERなら在庫推移とラインの空き状況を確認しながら、エクセルと同じような操作で直感的に最適な計画が立てられます。
  2. 多階層の作業BOMを用いた工程計画
    生産管理多階層の作業スケジュール(外部工場含む)において、設備および要員の負荷状況を考慮した計画が容易に立てられます。従来のシステムでは、工程ごとのリードタイムを考慮できないため、全工程を合計したリードタイムで大雑把に計画していました。当然大雑把な計画のため、欠品を防止すべく多く在庫を確保していました。SPENCERは、工程ごとのリードタイムを考慮して生産計画を立てるため、生産リードタイムの短縮と在庫削減を実現します。
  3. 複数の工場・物流センターにまたがる計画
    原材料、半製品、中間品、製品に至るまで、工場内および委託工場を含む複数工場をまたいだ在庫の一元管理ができるため、調達・生産・補充すなわちサプライチェーンの計画が立てられます。
  4. 高度な期限管理・鮮度管理
    入荷日/ロット/製造日/使用期限をキーとして在庫を管理することで、自社基準の期限管理ポリシー、開封後期限管理等を自由に設定して管理できます。また、アラート機能により、使用期限やロットの逆転などのトラブルを未然に防ぎます。
  5. 細かな工程管理
    一製造工程を細分化し、進捗管理、検査結果の管理ができます。従来チェックシートで管理していた内容をデータで管理できます。
  6. 作業ミス防止・効率化
    生産実績管理製造現場でハンディターミナルを使うことで、投入ミスなどを防止します。同時に、手作業による記録が不要になるため作業負荷が軽減でき、正確性も高まります。
  7. トレーサビリティ強化
    生産実績管理すべての事象を起点としたトレースバック・トレースフォワードが可能であり、問題や影響範囲を迅速に特定できます。
  8. 生産計画に基づく自動発注
    生産計画を元に調達が必要な品目を自動で抽出し、作成した発注情報を弊社のWEB調達 CLOUD PROMSに連携することにより発注処理ができます。
  9. 原材料から製品まで全ての在庫管理
    原材料、半製品/中間品、製品に至るまで、工場内の全ての在庫の所在管理を現場に負荷をかけず実現できます。また、計量処理との連動により端数品の管理もスムーズに運用できます。
  10. 使用高管理
    現場の作業特性、原材料・半製品の取扱い特性に合わせて論理値・実績値ベースの使用量が管理できます。
  11. 製造原価計算
    全ての工程の情報を一元管理することにより、原価計算に必要な情報収集が短時間ででき、作業記録を元に正確な原価を把握できます。
  12. 温湿度管理
    IoTを利用して生産工程上の温度・湿度情報を収集します。閾値を超えた場合、メール等で警告し、異常な温度・湿度から製品の品質を守ります。