ホーム > 課題解決 > 物流アウトソーシング(3PL)を考える

物流アウトソーシング(3PL)を考える

製造業や卸売業にとって、倉庫業務や配送業務はコア業務でないため、業務効率を追求されることは多くありません。

物流業務を効率化するなら、専門性が高い業者へ物流業務を委託する物流アウトソーシング(3PL)がお勧めです。物流専門業者は高度な物流ノウハウを持っているため、コスト削減や品質を向上させます。

3PL化により具体的にどのような効果が得られるか、3PL事業者の選定基準とは何か、ご覧下さい。

3PL化による期待効果

企業経営の目的は、事業の継続です。事業を継続するには収益性を向上して、利益を出し続けなければなりません。このため、荷主企業は「本業への集中」を図る方策のひとつが3PL化であり、そのほかに下記のような効果を得られます。

3PL化による7つの効果

  • 変化適応力の向上
    事業環境の変化への適応力が高まる
  • 財務状況の改善
    BS、PL、CFが改善する
  • 物流サービスの向上
    顧客サービスレベルが向上する
  • 物流コストの削減
    物流の可視化・情報化・効率化・標準化・自働化が進む
  • 改善効果の早期獲得
    自社の資源や能力で物流改善を行うよりも、早く効果を得る
  • 改善効果の継続獲得
    一時的な効果だけではなく、継続的な効果を得る
  • 物流ITツールの活用
    高度な物流ITツールを必要なだけ利用する

※新規事例や改善ノウハウが詰まった冊子を、メルマガ会員限定で先行案内しています >> 登録へ