ホーム > 課題解決 > 在庫削減を考える

在庫削減を考える

計画と実績の進捗管理によりプランを修正する

理論的に最適な在庫量の基準を決めて運用をはじめても、需要を「正確」に予測することは難しく、製造の計画見直しを余儀無くされるケースは多々あります。

特にメーカーの場合は計画を立ててから製品ができるまでのリードタイムが長いため、当初のプランと実績に差が生じやすく、在庫過多や欠品に陥りやすいと言えます。

せっかく緻密にプランを立てても、状況変化を早期に把握するIT基盤や管理するルールがなくては計画倒れに終わりかねません。またプランの変更は大変だからと見て見ぬ振りをしていては在庫の適正化にはつながりません。

如何に精度の高い初期プランを立てるかを追求するよりも、プランのチェックや見直しの仕組みを作ることの方が、在庫適正化に向けては重要な取組みと言えます。

【具体的施策とは】