SEINOSEINO-SPORTS.com

home

since: 2001.05.01   update: 2017.10.12

空手道部 後援会ニュース

【2017.03.08】 セイノー野球部、黒獅子旗奪還へ向け本格始動
 日本野球界も、「世界一奪還」をキャッチフレーズに盛り上がりを魅せるWBC侍ジャパンの奮闘に代表されるように各チーム実践形式のオープン戦が始まるなか、社会人野球界 にもいよいよ本格的なシーズンが訪れようとしている。
 西濃運輸野球部(小森紳司部長、林教雄監督)は、先月中旬から下旬にかけて行われた恒例の和歌山・白浜キャンプを終え、月末から開幕する社会人野球東海地区春季大会で今季初の公式戦を迎えることになるが、投手・野手ともに有望な新人7名(投手3名・捕手1名・内野手2名・外野手1名)が加わり、「黒獅子旗奪還」を目標に据え、まずはその挑戦権を獲得するための都市対抗予選に向け、まずはチーム内の熾烈なポジション争いの火蓋が切って下ろされている。
  まず投手陣では大黒柱・佐伯が抜けた穴を、昨年実績を積んだ山下・六信を中心に、二年目を迎える快速右腕嶽野、小柄ながらも力強い投球が魅力の土屋や安定感のある津田両左腕に、新人の堀田(大阪学院出)、三村(福岡工業大出)、竹村(北大津高出)を加えた陣容で挑む。またその投手陣を支えるのが、昨年一年目でポジションを奪った強肩強打の松本や、経験豊富な森、新人の福山(京都産業大出)など捕手陣がどっしり支える。
 一方打つ方では、主将伊藤、副主将谷を中心に、実績のある藤中・中村、コーチ兼任の阪本や、安定感のある東名などのベテランと、新人の安楽(九州産業大出)、北野(福岡大出)、城(岐阜経済大出)などが絡み楽しみな陣容が揃う。
 今年の最大の目標である「黒獅子旗奪還」に向け、調整を進めるセイノーナインに皆様の温かいご声援宜しくお願いします。

≪今季公式戦予定≫
・東海地区春季大会 3月22日~ 岡崎市民球場
・静岡大会 4月3日~ 庵原・浜松球場
・長野大会 4月20日~ 長野オリンピックスタジアム・長野県営球場
・ベーブルース杯 5月2日~
・東海地区二次予選 5月20日~ 岡崎市民球場
・第88回都市対抗野球 7月14日~ 東京ドーム
・高山大会 8月14日~ 高山中山公園・飛騨ふるかわ球場
・日本選手権東海地区予選 9月2日~ 岡崎市民球場
・第43回日本選手権 10月30日~11月13日で11日間 京セラドーム大阪