会社概要

会社名 西濃通運株式会社
住所 〒503-0835
岐阜県大垣市東前5丁目7番地の2
電話 0584-89-6171(代)
設立 昭和25年9月5日
資本金 1000万円
取締役社長 仲島 宏政
社員数 152名
車両数 300台
事業内容 貨物自動車運送業・貨物利用運送事業・
通運業・自動車分解整備事業 等

会社沿革

 昭和25年の創業から西濃運輸グループの一員として物流時代の輸送の一躍を担ってきました。
 昭和45年、北海道輸送にも進出しお客様のニーズに応えるべく陸上輸送、JR貨物輸送、そしてフェリーによるトレーラ大量輸送と環境にやさしく安全な輸送手段を多様化してきました。
 当社が培ってきた半世紀を超えるビジネス輸送の技術をこれからも高めていき、お客様をサポートし続けます。

西濃通運株式会社とは…

本州⇔北海道の輸送を専門としている

JR貨物を利用したコンテナ輸送をしている

環境にやさしい運送会社

グリーン経営を平成16年認証

グリーン経営認証 グリーン経営とは、すなわち「環境負荷の少ない事業運営」であり、自主的・計画的に環境対策を進めながら、経営面での向上を図っていく経営のことをいいます。
 グリーン経営は国土交通省推奨により、交通エコロジー・モビリティ財団が日本財団からの助成金を受け、(社)全日本トラック協会及び各都道府県トラック協会の協力を得て積極的に推進しているものです。

フェリー・JR貨物の輸送によりCO2排出が少ない

下図は岐阜から札幌まで、10tの荷物を運んだときの二酸化炭素の排出量の比較です。

二酸化炭素の排出量のグラフ

20tトレーラによる大量輸送による使用燃料の削減

全乗務員がエコドライブの実技・学科講習修了

改正省エネ法施行

平成18年4月1日から「改正省エネ法」が施行されています。

貨物輸送にかかわる年間の発注量が一定規模以上である荷主にもモーダルシフト、営自転換の促進等の観点から省エネ計画の作成、エネルギー使用量等の定期報告等の義務づけ
省エネの取り組みが著しく遅れている場合、勧告・命令・罰則がある
↓
荷主も積極的に輸送効率の高い・省エネ輸送をしている輸送業者を選択する必要がある