セイノーホールディングスの一員として、安全を重視した地域社会との調和・共存に対する取り組みを紹介します。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 当社は、セイノーグループの一員として、「輸送立国」即ち、「物流を通じて、お客さまに喜んで頂ける最高のサービスを常に提供し、国家社会に貢献する」を《使命》と位置付け、安全・迅速・確実な輸送に努めます。
  2. 「安全第一・基本に忠実・確認の励行」を行動の基本とし、安全を重視し地域社会との調和・共存に、努めます。
  3. 輸送の安全に関する計画、実行、評価、見直しを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、たえず輸送の安全性の向上に努めます。


2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

  1. 平成29年度・交通事故防止基本方針に定める
    交通事故 『事故ゼロの達成』
  2. 平成28年度の達成状況
    目標: 『事故ゼロの達成』
    実績:  19件、重大事故の発生なし


3.自動車事故報告規則第2条に規約する事故に関する統計

  1. 27年度『1』件
  2. 28年度『1』件


4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

別表1参照(:125KB)

5.輸送の安全に関する重点施策

平成29年度・交通事故防止基本方針に定める

  1. 『安全第一・基本に忠実・確認の励行』
  2. 『事故ゼロの達成』


6.輸送の安全に関する計画

  1. 各階層別の教育・訓練
    1. 運行管理者(補助者)
    2. 整備管理者(補助者)
    3. 添乗指導員
    4. 事故惹起者
  2. 安全機器の導入
    1. アルコールチェッカー(アルコール検査器)
    2. バックカメラ(後方視認識装置)
    3. デジタコ・ドラレコの導入
  3. 無事故表彰制度
    1. 運転者(個人)
      ・無事故手当  3ヶ月毎
      ・無事故表彰  1,3,5,10,15,20,25,30,35年
      ※20年達成者は、夫婦同伴海外研修旅行
    2. 事業所(団体)
      ・職場団体表彰


7.輸送の安全に関する予算等の実績額

  1. 28年度実績額
    1. 教育・訓練   3,200,000円
    2. 安全機器    12,750,000円
  2. 29年度予算
    1. 教育・訓練   29年度・研修予定表に基づく
    2. 安全機器    29年度・導入計画表に基づく


8.事故、災害等に関する報告連絡体制

別表2参照(:48KB)

9.安全統括管理者、安全管理規定

  1. 安全管理規程 :【平成26年4月1日改定】安全管理規程(:394KB)
  2. 安全統括管理者:常務取締役安全指導部担当 藤松正樹


10.輸送の安全に関する教育及び研修の計画

  1. 全国安全大会 年1回(4月)
  2. 全国職場安全衛生総点検 年2回(6月・11月)
  3. 新人研修(エリア毎実施)
  4. 添乗指導員研修 年1回
  5. 階層別添乗指導(若年者:年2回)
  6. 事故惹起者特別教育(エリア毎に随時実施)
  7. 運行・整備管理者研修(年1回)
  8. フォークリフト技能向上研修(エリア毎に実施)


11.輸送の安全に関する内部監査結果及びそれをふまえた措置内容

  1. 全国安全管理体制監査の実施状況 平成28年度(6月・11月実施)
    *対象事業所  春季208 秋季208
  2. チェックリストの集計により、是正・予防措置の検討
  3. 安全マネジメント定期監査の実施


以上


ページ
トップ