業務運営方針

【お客様本位の業務運営方針および取り組み状況】

セイノーファミリー株式会社(以下、「当社」)は、お客様本位の業務運営の徹底を図るため「お客様本位の業務運営方針」を以下のとおり策定、公表いたします。

1.顧客の最善の利益の追求(原則2)

当社は、顧客第一主義に徹し業務の最善の利益を図り、信義と礼節を以って良質なサービスを提供し、お客様に満足をお届けします。

【取り組み状況】

[経営理念]

  • 私たちは「経営理念」の具体的行動指針として、顧客第一主義に徹し、業務の最善の利益を図り、信義と礼節を以って良質なサービスを提供し、お客様に満足をお届けします。
[お客様本位の業務運営]

  • 当社では、お客様の保険に対するニーズ・意向をお聞きし、お客様に最適な保障内容、保障額の商品をご提案できるよう、会社規定に即した各種研修を行いお客様のために最善な商品のご提案を行います。

2.利益相反の適切な管理(原則3)

当社は、推奨保険会社を推奨する保険代理店として、お客様の利益を不当に害することがないようお客様の意向を的確に把握し、最適な保障のご提案をします。

【取り組み状況】

[適切な利益相反管理]

  • お客様のご意向に沿った商品を把握・確認をお客様と共に行い、お客様にとって最適なプランのご提供、ご説明をいたします。
  • お客様の加入目的、ご要望を十分お聞きした上で、最適な保障内容、妥当な保障額の商品をご提案します。
  • 当社または当社従業員の利益相反によりお客様の利益を損なわないよう、お取引を適切に管理します。

3.手数料等の明確化(原則4)

非該当(生命保険以外に、お客様に手数料その他の費用をご負担いただく業務は行っておりません)

4.重要な情報の分かりやすい提案(原則5)

当社は、保険ご提案において、事実と異なる説明、契約に関する重要事項について説明の省略、都合の良い部分のみの説明はしません。

【取り組み状況】

[お客様へ最適な商品提供]

  • 保険会社の推奨については、「保険商品のご提案にあたって」を使用し、お客様に選定理由等をご説明します。
  • 専門用語を平易な言葉に言い換え、わかりやすく情報提供に努めます。
  • ご高齢のお客様および障害をお持ちのお客様等、特に配慮が必要なお客様には十分にご説明を行い、ご納得いただきご契約いただくよう努めます。

5.顧客にふさわしいサービスの提供(原則6)

当社は、お客様に適した商品、サービスを選択いただけるよう、契約概要、注意喚起情報、その他重要事項を使用し、お客様にふさわしい保険商品、サービスの提供、販売※1に努めます。

  • 当社では、複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売しておりません。
    また、当社は金融商品の組成に携わっておりません。その他、外貨建て保険、変額保険等のリスクの高い金融商品の販売は行っておりません。

【取り組み状況】

[お客様に適した分かりやすい商品説明]

  • お客様のライフステージ、ライフイベントさらに医療技術進歩により必要な保障は変化しています。当社が「お客様お一人だけでなく、家族を含めた保障内容のご提案をすることにより、お客様と共に「生きる」を推奨し、すでにご契約いただいているお客様に対しても、保障の見直しを含めて継続的に最新の保障内容のご提案を行ってまいります。
  • お客様の給付金・保険金請求発生時、また保全業務においては、迅速・正確・適格に対応をします。

6.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等(原則7)

当社は、お客様本位の業務運営を実践するにあたり、社内研修を実践し、「プロとしての職業意識」を持ち、さらにコンプライアンスを徹底し適切な募集活動を図ってまいります。

【取り組み状況】

[教育・研修体制]

  • 「意向把握シート」を用いて、お客様のご意向に沿った最適な商品をご提案いたします。
  • 業務品質向上のため、年間教育計画を定め、正しい知識と判断と最適な商品のご提案をするために毎月、コンプライアンス研修や商品研修等の定期的な社員研修を実施いたしております。
(1)ラーニングの受講(1年/1回)

(2)自己点検の実施(6カ月/1回)

(3)コンプライアンス集合研修(1カ月/1回)

お客様からのお客様からの苦情・相談・要望・感謝等のお声を真摯に受け止め、日々の業務改善に取り入れていくことがお客様の信頼に応えていく取組であると考えます。

【取り組み状況】

[お客様の声(お困り事)]

  • 「お客様の声受付簿」を活用、特に苦情には品質向上担当者を置き、迅速に原因を検証、分析し対策を講じることで再発防止を行います。

お客様本位の業務運営に係る取り組み指標

上記の取り組みに対する結果として、以下の指標をもって可視化し、定期的に公表します。

<当社のKPI>

①13カ月継続率 :96.99%(アフラック調べ 2023年3月末基準)

 25カ月継続率 :96.69%(アフラック調べ 2023年3月末基準)

  • 「お客様の声受付簿」を活用、特に苦情には品質向上担当者を置き、迅速に原因を検証、分析し対策を講じることで再発防止を行います。

②保有契約苦情発生率 :0.03%(アフラック調べ 2023年3月末基準)

  • お客様からの苦情・ご意見を迅速に社内共有し、原因分析と改善策の構築を実施します。

金融庁公表「顧客本位の業務運営に関する原則」と当社「お客様本位の業務運営方針」との対応関係


顧客の最善の利益の追求 利益相反の
適切な管理
重要な情報の分かりやすい提案 顧客にふさわしいサービスの提供 従業員に対する適切な
動機づけの枠組み等
原則2



(注)




原則3





(注)





原則4 非該当(生命保険の保険料以外に、お客様に手数料その他の費用をご負担いただく業務は行っていない)
原則5




(注1)





(注2) 非該当(複数の金融商品をパッケージとして販売していない)
(注3~5)





原則6



(注1)





(注2) 非該当(複数の金融商品をパッケージとして販売していない)
(注3) 非該当(当社は募集代理店であり、金融商品の組成に携わっていない)
(注4) 非該当(外貨建保険、変額保険等のリスクの高い金融商品の販売をしていない)
(注5)





原則7




(注)





「顧客本位の業務運営に関する原則」の詳細につきましては、金融庁ホームページをご確認ください。

https://www.fsa.go.jp/policy/kokyakuhoni/kokyakuhoni.html