ホームトップ > 企業情報 > 交通安全

交通安全

安全指導・教育

  1. 全国の交通安全運動に呼応し、年2回春と秋に事故防止運動を展開している。特に秋には、労使一体となった事故防止運動「カンガルー運動」を全国展開(期間中は過去の事故を風化させない取組み…黄色いリボンを全車両に装着)している。
  2. 日常的なものとしては、運行管理者を通じて事故防止活動を行い、危険予知トレーニングで危険感受性を高め、また運転適性診断結果を活用した安全活動を実施している。
  3. 運行車両全てにデジタコ・ドラレコ複合機を装備、2019年度中には集配車両全てにドラレコの装着を完了、そのデータより個々に対する指導を実施している。尚、過去の事故事例を踏まえ、2020年度より新たに後突事故防止用センサーを整備。
  4. 2013年度より導入した安全推進インストラクター制度を2016年度より選任化し、安全風土の構築・醸成に取り組んでいる。
  5. 営業乗務社員の業務用スマホに注意喚起事項を配信、いつでもどこでも確認出来る「カルちゃんの安全指導」アプリを2019年度末より開始。
  6. 新規採用の営業乗務社員については、店所内での研修後単独運転に切り替え、路線乗務社員については店所研修後、本社で見極め後資格を与え、単独乗務の許可を与えている。

グループ会社の取組み