ホームトップ > セイノーグループ教育振興援助基金

セイノーグループ教育振興援助基金

セイノーグループ教育振興援助基金とは

青少年の健全育成を目的に学校教育の向上に寄与するため、信託金の運用収益の中から、岐阜県内の学校に対してスポーツ用品等の寄贈を行っています。
交付対象校は、全国大会・東海大会・県大会等での実績などを参考に、運営委員会において選考しています。

セイノーグループ教育振興援助基金
認可年月日 平成2年5月31日
認可機関 岐阜県教育委員会
委託者 セイノーホールディングス 株式会社
受託者 三菱UFJ信託銀行 株式会社

セイノーグループ教育振興援助基金贈呈式

セイノーグループ教育振興援助基金贈呈式



2021年度セイノーグループ教育振興援助基金

交付対象校

高等学校(6校)

学校名 受賞理由
私立岐阜第一高等学校
(自転車)
自転車競技を通じて競技力と思考力の強化を図り、充実した知識と管理能力を獲得することを部の方針として掲げている。近年の成績は全国でも突出している。全国高校選抜大会・全国高校総体ともに女子500mタイムトライアルで優勝を果たすなど数多くの入賞を果たした。今後も、全国大会上位入賞が期待できる。
県立岐阜農林高等学校
(相撲)
1914年の創部から約1世紀という長い歴史を刻み、2012年度全国高校選抜大会個人2位【現役大相撲力士:栃清龍勇気(西幕下7枚目)、本名:長尾勇気を輩出】、2015年度全国高校総体団体ベスト8に進出するなど、岐阜県の相撲部を牽引する存在である。全国高校選抜大会では80キロ級2位、全国高校総体では80キロ級3位入賞を果たすなど、古豪復活に期待できる。
県立土岐商業高等学校
(ウエイトリフティング)
オリンピック選手を2名輩出している伝統と実績を兼ね備えており、選手のほとんどが高校入学から競技を始めるなかで、全国高校選抜大会では女子76キロ級2位、全国高校総体では+76キロ級クリーン&ジャーク4位入賞を果たすなど数多くの入賞を果たした。今後も全国大会上位入賞が期待できる。
県立海津明誠高等学校
(ウエイトリフティング)
「己に打ち勝つ。日々努力。全国大会出場」を目標に掲げ活動している。全国高校選抜大会では女子64キロ級5位、全国高校総体では女子71キロ級3位入賞を果たすなど数多くの入賞を果たした。今後も継続的な活躍が期待できる。
県立可児高等学校
(ウエイトリフティング)
「一挙入魂!一本集中!」を目標に掲げ活動している。全国高校選抜大会では男子81キロ級6位、全国高校総体では男子81キロ級スナッチ2位入賞を果たすなど数多くの入賞を果たした。文武両道に努めており今後の活躍が期待できる。
私立中京高等学校
(弓道)
「弓道を通して、部活動を通して、そして仲間を通して学ぶ礼儀と精神の強さ」を中京高校弓道部の誇りとして日々活動している。例年コンスタントに全国大会に出場し、全国高校総体では男子個人優勝、男子団体7位入賞を果たすなど、今後も継続的な活躍が期待できる。

中学校(4校)

学校名 受賞理由
本巣市立真正中学校
(バスケットボール男子)
県大会では他校を寄せ付けず、安定感のある試合運びで優勝した。東海大会も同様に実力通りの力を発揮し、決勝戦に進出した。決勝戦は三重県の私学と対戦したが、力及ばす準優勝だった(65-92)。全国大会は予選リーグを2勝し勝ち上がり、決勝トーナメント2回戦で今大会優勝校(4校同時優勝)に49-66で惜敗した。
各務原市立中央中学校
(バレーボール男子)
県大会の準々決勝は相手に1セットを奪われたが、準決勝・決勝と相手を全く寄せ付けず優勝。東海大会は準決勝で惜しくも1-2で敗れた。全中出場校決定戦は愛知県1位校をストレートで破り、全国大会出場を決めた。全国大会は予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントに進出した。決勝トーナメント1回戦で、ベスト8に進出したチームに惜敗した。
高山市立中山中学校
(ハンドボール男子)
県大会は危なげなく決勝リーグに進出し、決勝リーグでは2勝し優勝した。東海大会は準決勝で優勝したチーム(愛知県1位校)に敗れた。全中出場校決定戦は愛知県2位校を26-21で破り、全国大会出場を決めた。全国大会は1回戦で北信越2位校に敗れ、上位進出はできなかった。
各務原市立緑陽中学校
(剣道)
県大会では圧倒的な強さで他校を寄せ付けず、優勝した。東海大会は2回戦で惜敗した。全国大会はベスト16に進出した相手に僅差で敗れた。