ホームトップ > サービスラインアップ(ソリューション) > ロジスティクス > カンガルーSLIMS-SP

カンガルーSLIMS-SP

お客様へ「在庫適正化」と「発注業務の作業効率化」の付加価値を提供し、お客様のバリューチェーンの向上(お客様の繁栄)をご支援します。

サービス概要

お客さまの荷物を預かると同時に、物流センターへの物の流れから適正な発注点(補充点)を算出し、必要な時期(リードタイムを考慮)に必要な量の発注数(補充数)を提案します。

  1. 在庫の適正化
    • 過去の出荷実績を元に出荷特性分析(RFM分析)を行い、品目を4つの特性に分類します。
    • 繰り返し性の高い品目(売れ筋商品や定番品)は、発注点計算された発注数にて発注を行います。
    • 繰り返し性の低い品目(キャンペーン品、特注品)は、経験則・営業見込み・受注確定分を元に発注を行います。
  2. 発注業務の作業効率化
    • 発注タイミング、発注数量を荷主に提案(表示)して、発注決定の支援を行います。
    • 仕入先との受発注情報の共有により、連携ミス削減、連携効率化を行います。


運用の流れ


  1. 出荷・在庫情報取得
  2. 物流センターでの出荷・在庫情報を、倉庫管理システムから取得します。
  3. 最適発注点算出 出荷特性分析
  4. 出荷履歴を元に出荷特性分析(RFM分析)を行い、品目を4つの特性に分類します。
    また、繰り返し性の高い品目(売れ筋商品や定番品)は、発注点を計算します。
  5. 発注アラート一覧
  6. 発注タイミング、発注数量を提案します。
  7. 発注通知
  8. 発注確定した情報を、仕入先に通知(メール)します。
  9. 発注確認
  10. 仕入先にて、発注確認をします。

課題と効果

現状の業務課題に対し、当サービスを利用する事での効果は下記の通りです。

課題熟練者にしか発注作業ができない
効果誰でも簡単に発注数を決められる

課題発注作業に時間がかかってしまう
効果出荷特性分析により商品が分類化され、発注時間が短縮される

課題商品が欠品したり、過剰になったり、適正数が分からない
効果物の流れ(需要)から適正在庫数を提案できる

課題発注情報が、関連部門で共有されていない
効果発注情報がWebブラウザにて、どこでもリアルタイムに見える

特徴

出荷特性分析

出荷動向(量と繰返性)から、商品を4つの特性に分類。
特性に応じた在庫管理戦略で対処。(1類3類は自動計算に任せやすい) 出荷特性分析

最適発注点算出

常に最新の需要に基づく在庫水準での管理を実現。
確率統計による需要予測から商品ごとの最適発注点を算出。(欠品、過剰を削減) 最適発注点算出

お問い合わせ

メールフォームのご利用によるサービスに関するお問い合わせ・ご意見はこちらから。

直接のお問い合わせはこちら。
東京都中央区日本橋浜町2-18-7 TEL:03-3667-0074

関連サービス