ホームトップ > 企業情報 > 交通安全

交通安全

業務安全手帳

西濃運輸のドライバーは「乗務安全手帳」を常に携帯し、必ず家族の写真を貼りつけ、自分自身・家族のために安全運転を実施しております。

安全指導・教育

  1. 全国交通安全運動に呼応し、年2回春と秋に事故防止運動を展開しています。これは、労使が一体となって行うもので、特に秋には、高速道路のS・Aで督励を行う事で意識も浸透し効果のあるものとして評価されています。
  2. 日常的なものとしては、運行管理者を通じて事故防止活動を行い、危険予知トレーニングで感受性を高め、また指差呼称運転の徹底、高速道路のパトロールなどにより安全についての指導、徹底を図っています。
  3. チャート紙による分析・指導や毎月の「緑十字ポスター」による安全重点推進事項の徹底と事故ゼロの日は緑色で塗りつぶして意識の高揚を図っています。
  4. 安全教育について
    新規採用の営業乗務社員については、地区での研修会と営業所内での業務指導研修を行い管理職および運行管理者等の最終チェックを経て認定書を発行し、単独運転に切り替えています。
    路線乗務社員については、本社において専任教師の指導を約2週間受けた後に資格を与え、単独運転を許可しております。
    事故発生者については、事業所で反省会を行い対策を講じるとともに、本社にて再発防止研修を実施しております。

グループ会社の取組み